神奈川区版 掲載号:2016年3月31日号 エリアトップへ

白楽駅周辺踏切3カ所 立体交差の候補に 廃止に向け検討へ

社会

掲載号:2016年3月31日号

  • LINE
  • hatena
白楽駅前にある白楽一号踏切
白楽駅前にある白楽一号踏切

 横浜市は3月17日、安全対策を講じる踏切の対策内容についてとりまとめた「踏切安全対策実施計画」を公表した。この中で東横線白楽駅〜妙蓮寺駅周辺が連続立体交差候補区間として挙げられ、今後、踏切の廃止に向けた検討が進められる方針だ。

 横浜市は市内167カ所の踏切に対し、安全対策を計画的に進めるため策定した「踏切整備計画」を昨年4月に公表した。今回とりまとめた実施計画は、整備計画内にある、安全対策を進める踏切10カ所と連続立体交差候補5区間の対策について、今後の対策内容をまとめたものだ。

 抜本対策として踏切を廃止し、連続立体交差を整備する方向となった東横線白楽駅〜妙蓮寺駅周辺区間(3・1Km)には、11カ所の踏切が設置されている。このうち3カ所が神奈川区内にあり、白楽駅に隣接する白楽一号踏切はピーク時に1時間あたり40分以上閉まっている、いわゆる「開かずの踏切」。駅周辺には商店街や住宅が集中しており、踏切の混雑度を示す交通遮断量でも対象5区間のうち歩行者などの数値が最も高い。踏切を毎日利用している女性は「踏切の目の間にもスーパーがあって人通りが多い。立体交差になったら便利」と期待する。

時期は未定

 しかし、今回の計画では自動車の交通遮断量や沿線の状況など総合的に判断し、相鉄線鶴ケ峰駅周辺=旭区=を最優先区間として事業化の検討を進めることで決定した。市担当者は「(白楽駅周辺は)他と比べて小さい踏切が多く、立体交差になっているが高さが十分でない場所もある」と話し、時期は未定だが検討を進めるとしている。

神奈川区版のトップニュース最新6

入江にサテライト開設

区地域子育て支援拠点かなーちえ

入江にサテライト開設 社会

未就学親子に無料開放

5月7日号

端末27万台、運用開始へ

GIGAスクール

端末27万台、運用開始へ 教育

学校現場ICT化へ一歩

5月7日号

注文率20%超える

市立中給食

注文率20%超える 教育

ハマ弁から移行で倍増

4月29日号

シェフ直伝の魚レシピ

市中央卸売市場

シェフ直伝の魚レシピ 経済

地元飲食店と協力し発行

4月29日号

「片倉元気に」商店主奮闘

「片倉元気に」商店主奮闘 社会

にぎわい創出、アイデア多彩

4月22日号

危険なバス停 区内に15カ所

危険なバス停 区内に15カ所 社会

国交省の調査で

4月22日号

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

六角橋から5Km歩こう

六角橋から5Km歩こう

11日と25日 参加無料

5月11日~6月22日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter