神奈川区版 掲載号:2018年6月7日号
  • LINE
  • hatena

しぇあひるずヨコハマ 建築アワード受賞 「住み方新提案」の53企画から

社会

賞状を持つ荒井さん
賞状を持つ荒井さん

 株式会社ここくらす(荒井聖輝代表)が運営する住宅型複合施設「しぇあひるずヨコハマ」=高島台=の取り組みがこのほど、建築研究家等で主催する「LOCAL REPUBLIC AWARD」で入賞した。

 「LOCAL REPUBLIC」とは、生活圏と経済圏が混在してコミュニティが成り立つもの。1住宅=1家族に代わる新たな住み方を模索しようと建築家や大学教授などが実行委員会(田井幹夫委員長)を立ちあげ、企画した。

 同アワードは、新たな住み方の提案として自らの手で生活していく自立性、一時的なものではない持続可能性、人々が行き交い交流する空間性、価値交換を促す経済性を評価基準とし、全国の住宅や商業建築、商店街、町全体で実践している53のプロジェクトの中から、7つを入選作品に選んだ。

 「しぇあひるずヨコハマ」は、荒井代表の曽祖父が建てた築50年以上経つ2棟の鉄筋コンクリートのアパートを改築した住宅型複合施設だ。かつては神奈川宿があった場所で、荒井代表は「神奈川宿のシンボル的な施設にしたい」と21世紀の長屋・旅籠をコンセプトにアパートや地域住民を巻き込んだ交流の場を創出している。

日常生活をシェア

 オープンダイニングや展望台などを設け、そこで地域向けのイベントを開くことで、人々が交流している。敷地内の畑は、地域の人たちが野菜などを育てられるように開放し、来た人が日記で情報交換をしながら、収穫している。場所を貸している荒井代表には収穫した野菜を少し分けることでスペース代を支払う形式を取っている。「すべてが金銭のみに取引されるものではない。シェアの概念を取り入れることで新しい経済活動が生まれている」と話す。

 今回のアワードは、アパートを借りている横浜国立大学4年生で建築学科に所属する石田卓也さんと新保卓己さんの協力を得て選考やプレゼンの資料を作成した。今回の受賞について荒井代表は「未来の生活空間を創造しようとするその思いが高く評価された。まったく建築畑ではないなか、入選できてとても光栄に思う」と感想を話した。
 

神奈川区版のトップニュース最新6件

犯罪被害者支援、条例化へ

横浜市

犯罪被害者支援、条例化へ

12月13日号

子どもの居場所を支援

神奈川RC

子どもの居場所を支援

12月13日号

中国旅行社と誘客タッグ

福祉施設と地域 連携推進

阿部理事長が全国表彰

エンパワメントかながわ

阿部理事長が全国表彰

11月29日号

シールで高齢者見守りへ

横浜市

シールで高齢者見守りへ

11月29日号

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月13日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

  • 11月15日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • お噺のお話

    落語こらむ

    お噺のお話

    二十九席目「芝浜」

    12月6日号

  • 「貯筋」の心得

    ミスター高橋の 連 載

    「貯筋」の心得

        46 体力減退はお尻から

    12月6日号

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク