神奈川区版 掲載号:2019年5月23日号 エリアトップへ

大口七島地区連合町内会の会長に就任した 石渡 祥男さん 大口仲町在住 78歳

掲載号:2019年5月23日号

  • LINE
  • hatena

楽しい雰囲気大切に

 ○…14町会で構成されている大口七島地区連合町内会の会長に就任した。神奈川区内でも大きな連合町内会であり、前任者が多くの実績を残しているということからプレッシャーも感じている。「できるだけ楽しい雰囲気で、さらに進歩させていけたら」と意気込みを語る。

 ○…兼務している大口仲町池下町内会の会長は現在7年目。周辺地域が丘陵地であるため、火災・急病人発生時は車両の進入が難しく、高齢者や小さい子どもがいる世帯などは避難が難しい。そこで、約4年前から要支援者と支援をする人をそれぞれ募集し、防災・減災の支援チームを作って、いざというときに要支援者を助けられるよう、訓練を行っている。「自分たちで取り組んでいることを連合町内会でも活かしていけたら」と話す。

 ○…弘明寺の出身。生まれてすぐ山梨県に疎開していた。戦後、戻ってきて妙蓮寺に移住。白幡小、神奈川中学校を経て平沼高校に入学した。高校3年生の時家の建て替え工事中に縄文土器の破片が出土。捨てずに集め、つなぎ合わせた。結婚後も捨てずに取っていたが、引っ越しを機に大口台小学校に寄付し、2013年から昇降口に飾ってある。「自分はこれで自然科学に興味を持ったから、同じような子どもがいたらうれしい」と期待を込める。

 ○…現在は妻と2人暮らし。孫を楽しませようと始めたイルミネーションが趣味。約20年間、毎年1品ずつ増やしており、今では装飾品で1部屋が埋まるほど。毎年10月から12月にかけて近所の冬の風物詩になっている。「大口台小の子どもたちが装飾を見ると『これ去年はなかったよね』など声をかけてきてくれる」ととても嬉しそうな表情を浮かべた。これからは会長としてまちのあかりも灯していく。

神奈川区版の人物風土記最新6

名取 正暁さん

市消防局が制作した火災予防絵本の原作者で、予防部長の

名取 正暁さん

三ツ沢出身 57歳

11月14日号

出井 敏博さん

埼玉西武ライオンズからドラフト育成1位で指名された、神奈川大学野球部に所属する

出井 敏博さん

六角橋在住 22歳

11月7日号

荻原 朋子さん

横浜銀行アイスアリーナでスケートを習っている

荻原 朋子さん

90歳

10月31日号

信時 正人さん

スマートイルミネーション横浜2019の実行委員長を務める

信時 正人さん

63歳

10月24日号

今井 憲さん

9月2日、3日に開催されたナポリのピッツァコンテストで優勝した

今井 憲さん

片倉町在住 41歳

10月17日号

松永 武司さん

区民まつりで初演武を披露する「櫻空横浜空手部神大寺支部」で支部長を務める

松永 武司さん

神大寺出身 68歳

10月3日号

瀬戸 勇さん

「地方公務員が本当にすごい!と思う地方公務員アワード2019」を受賞した

瀬戸 勇さん

横浜市消防局在勤 40歳

9月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月7日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

  • 10月24日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク