神奈川区版 掲載号:2019年7月18日号 エリアトップへ

神奈川大学 「国際日本学部」を創設 4月から横浜キャンパスで

経済

掲載号:2019年7月18日号

  • LINE
  • hatena
建設が進むみなとみらいキャンパス
建設が進むみなとみらいキャンパス

 2021年4月からみなとみらい21地区(MM)に新キャンパスを開業する神奈川大学はこのほど、「国際日本学部」の創設が文部科学省に受理されたことを発表した。同学部は20年4月から横浜キャンパス=六角橋=に開設された後、21年4月からはみなとみらい線「新高島駅」徒歩4分の「みなとみらいキャンパス」に移転する。

300人募集

 同学部は「文化交流―多文化共生―コミュニケーション」をキーワードに「国際文化交流学科」「日本文化学科」「歴史民俗学科」の3学科からなる。20年4月に向けて、合計300人の募集を行う。既に設置されている外国語学部国際文化交流学科は、同学部に吸収され20年度以降の学生募集が停止となる。

 同大広報課によると同学部の創設は、語学力だけでなく、多様な文化・価値観を理解しながら世界と日本、地域の架け橋となる人材を育成していく狙いがあるという。新キャンパスには同学部のほか、既設している横浜キャンパスの外国語学部と平塚キャンパスの経営学部も移転する方針となっている。

地の利を活かして

 展開される学びは、近隣の文化施設や行政機関、世界的規模で事業を展開する企業などの連携を予定している。千葉陽史広報部長は「開港都市の歴史が残りつつ、国際都市として新たなビジネスが集積するみなとみらい21地区の地の利を活かした学びを展開していきたい」と意気込みを話す。

 みなとみらいキャンパスと横浜キャンパスの最寄駅間は10分未満で好アクセス。新キャンパスの開業後は、全学生が受ける共通教養科目などの教育プログラムを両キャンパスで実施することやMMで得た企業、行政などの繋がりを横浜キャンパスの学生の学びにも活かしながら相互交流を図っていく。
 

神奈川区版のトップニュース最新6

在留外国人対応策を拡充

横浜市

在留外国人対応策を拡充 社会

11言語で困りごと解決

8月15日号

梅雨明けから急増

熱中症

梅雨明けから急増 文化

10代・高齢者の搬送目立つ

8月15日号

「誰もが輝ける社会を」

神奈川小6年椎名柚さん

「誰もが輝ける社会を」 教育

平和スピーチ大会で入賞

8月8日号

暑さ対策 ミスト設置推進

横浜市

暑さ対策 ミスト設置推進 社会

商店街や駅などで整備

8月8日号

食品ロス、アプリで削減へ

横浜市

食品ロス、アプリで削減へ 社会

民間企業と連携

8月1日号

菅田小跡地利用を検討へ

菅田小跡地利用を検討へ 社会

委員会が発足

8月1日号

リユース食器 利用進むか

リユース食器 利用進むか 社会

公社事業終了 補助金に差

7月25日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月1日0:00更新

  • 7月25日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月15日号

お問い合わせ

外部リンク