神奈川区版 掲載号:2020年4月30日号 エリアトップへ

まち自慢新聞コン 眞葛焼調べ最優秀 幸ケ谷小卒業の増山さん

教育

掲載号:2020年4月30日号

  • LINE
  • hatena
増山さんの作った新聞
増山さんの作った新聞

 小学生から募った区の魅力を伝える新聞を表彰する「かめ太郎まち自慢新聞コンテスト」で、今春幸ケ谷小学校を卒業した増山舞さん(12)の作品「世界をおどろかせた横浜眞葛(まくず)焼」が最優秀賞に選ばれた。

 明治期の陶芸家・宮川香山による横浜生まれの焼き物「眞葛焼」を紹介したもので、海外でも高い評価を受けた歴史などを入念に調べ上げた力作。小学校の授業で、栄町の宮川香山眞葛ミュージアムを見学した経験から、作品の美しさや香山の功績を知ってもらおうと新聞のテーマに選んだという。

 増山さんは、館長の話や関連資料を参考に1週間ほどで新聞を作成。趣の異なる2種類の作品を見比べられるよう写真を載せたほか、海を渡った眞葛焼が各国の博覧会などで受賞し、多くの美術家を魅了したことなどを解説した。出来栄えに満足しなかった香山がその場で焼き物を割り捨て、破片が砂利のように散乱したという逸話なども掲載している。

 増山さんは「書きたいことがたくさんあって、紙面に収めるのが大変でした」と振り返り、「ミュージアムの近くに住んでいるのに、これほど素晴らしいものに気づかずにいました。圧倒されるほどすごいので、ぜひ行ってみてほしい」と話す。新聞作りをきっかけに「神奈川区の歴史をもっと知りたいと思うようになった」とも。将来は人の役に立つ研究に携わりたいという。

 コンテストは、小学生が区内の魅力に触れ、手作りの新聞にまとめることで地域愛を高めてもらおうと2018年度から実施している。今年度は271人の児童から189点の応募があった。

 受賞作品は、神奈川区役所ホームページ内の「区の紹介」から見ることができる。

神奈川区版のトップニュース最新6

ピッチ外でも仕事に汗

Y.S.C.C.横浜河辺選手

ピッチ外でも仕事に汗 社会

収入確保へ地元企業支援

6月10日号

GIGAスクール 初めの一歩

GIGAスクール 初めの一歩 教育

神大寺小で端末「開封式」

6月10日号

クリアファイルで地域愛育む

菅田地区

クリアファイルで地域愛育む コミュニティ社会

社協とケアプラ協力し作成

6月3日号

「暮らしの安心」実現に力

「暮らしの安心」実現に力 社会

神奈川区 運営方針示す

6月3日号

ホップ栽培でビール醸造

神奈川大学

ホップ栽培でビール醸造 教育

キャンパス緑化にも一役

5月27日号

商店街「熱唱」でPR

反町駅前通り

商店街「熱唱」でPR 社会

オリジナルソング考案

5月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter