神奈川区版 掲載号:2020年5月14日号 エリアトップへ

時空超え、光秀と「会話」 AI活用 子孫ら開発

文化

掲載号:2020年5月14日号

  • LINE
  • hatena
質問を入力すると音声付きで回答する
質問を入力すると音声付きで回答する

 NHK大河ドラマ『麒麟がくる』 の主人公として注目される戦国武将・明智光秀が、自分の質問に答えてくれる―。そんな時空を超えた会話を可能にしたのが、対話型の「みつひでAI」だ。

 光秀の子孫らで結成された明智継承会=西神奈川=が開発。明智憲三郎代表が長年かけて研究した成果をもとに、光秀の人格や音声、まつわる歴史を再現し、本人の語り口で問答形式に仕上げた。現在約1500の会話に対応している。

 光秀の末裔である憲三郎さんは、光秀が織田信長に恨みを抱き謀反を起こした通説を幼少から聞かされ、先祖を考えないよう生きてきた。

 20歳の頃、通説が江戸時代の文献から導き出されたと知り、異なる史実があるのではと疑問を抱くように。光秀の生きた時代の文献を読み漁るなど研究を始め、執筆や講演などで自説を唱えている。憲三郎さんは「明智家の歴史や伝承を整理し苦労人で逞しい本当の光秀像を広め、歴史の再発見に貢献できたら」と話している。

 スマートフォンやパソコンから無料で利用できる。詳細は同会ホームページ(https://mitsuhide-ai.com/)。

子孫の明智代表
子孫の明智代表

神奈川区版のローカルニュース最新6

増える自殺、救うには

増える自殺、救うには 社会

精神科医・内田教授に聞く

11月19日号

県内書家30人の作品展示

県内書家30人の作品展示 文化

25日から横浜市民ギャラリー

11月19日号

自然の中で遊びを満喫

自然の中で遊びを満喫 社会

ボーイスカウトが指導

11月19日号

「農家直営」マルシェ人気

「農家直営」マルシェ人気 社会

羽沢町 20軒が野菜販売

11月19日号

住職の妻の「おてらしばい」

なごみ庵

住職の妻の「おてらしばい」 文化

元舞台女優の経験生かし

11月19日号

区に要望書提出

横浜商議所北部支部

区に要望書提出 経済

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月19日号

お問い合わせ

外部リンク