神奈川区版 掲載号:2020年8月20日号 エリアトップへ

なごみ庵 7月豪雨災害に義援金 寺の福祉活動団体通じ

社会

掲載号:2020年8月20日号

  • LINE
  • hatena
子どもたちへの「おすそわけ」の菓子を持つ浦上住職
子どもたちへの「おすそわけ」の菓子を持つ浦上住職

 平川町の寺院「なごみ庵」の浦上哲也住職が、九州や中部地方に甚大な被害をもたらした「7月豪雨災害」を支援しようと、全国有志の寺が集う社会福祉活動団体「特定NPO法人おてらおやつクラブ」を通じて義援金を送った。

 同NPOは、経済的に困窮する家庭の子どもたちに寺の供え物を「お下がり」として提供している。2013年に大阪で起きた母子餓死事件の際、「最後におなかいっぱい食べさせられなくてごめんね」というメモが残されていたことを知った安養寺(奈良)の松島靖朗住職が翌年から始めた。現在は全国の1476寺院・471団体が賛同し、区内のなごみ庵と光明寺ほか県内5カ寺が登録している。

 浦上住職は16年から活動に協力しており、区社会福祉協議会を通じて区内の無料学習支援教室や外国にルーツを持つ子どもたちの居場所で供え物の菓子などを月1回配布している。

 今回の義援金には、寺に設置した募金箱に集まった寄付金やお盆のお布施を活用したという。浦上住職は「日本の子どもの7人に1人が貧困状態にあるといわれます。最近の貧しさは身なりでは判断ができない。こうした境遇にある家庭が孤立しないよう、お寺が地域の支援拠点となり、いざという時に頼ってもらえる存在になれたら」と話している。
 

神奈川区版のローカルニュース最新6

2年ぶりに春の公開

里山ガーデン

2年ぶりに春の公開 文化

4月22日号

10年目は歴代が集合

10年目は歴代が集合 社会

横浜スカーフ大使

4月22日号

地域知るきっかけに

六角橋自治連

地域知るきっかけに 社会

HPリニューアル

4月22日号

食品ロス おいしく削減

食品ロス おいしく削減 社会

市、レシピを動画配信

4月22日号

保土ケ谷で大会

全日本プロレス

保土ケ谷で大会 スポーツ

4月22日号

「使い切る文化」受け継ぐ

「使い切る文化」受け継ぐ 文化

裂き織り作家、匣で展示

4月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

保土ケ谷で大会

全日本プロレス

保土ケ谷で大会

4月28日~4月28日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter