神奈川区版 掲載号:2020年8月27日号 エリアトップへ

横浜市大 新型コロナ回復者抗体調査へ 実態解明に期待

社会

掲載号:2020年8月27日号

  • LINE
  • hatena
山中教授(左)と赤江さん(提供/横浜市立大学)
山中教授(左)と赤江さん(提供/横浜市立大学)

 横浜市立大学医学部=金沢区=の山中竹春教授らは、8月から新型コロナウイルス感染症の回復者を対象に抗体測定の意義を明らかにする調査を開始した。回復者に対する大規模かつ長期の追跡調査は日本初で、調査結果は国産抗体検査キットの普及やワクチン開発への応用が期待される。

再感染防げるか

 調査では、過去に新型コロナウイルスに感染した20歳以上の男女を対象に、PCR検査で陽性と判定された日からおよそ半年後と1年後にそれぞれ微量の血液を採取。抗体の有無やウイルス感染阻止能力を測る。協力者には検査結果を無償で提供する。

 7月29日に行われた記者会見では、今年4月に感染したフリーアナウンサーの赤江珠緒さんも出席。「この病は生活様式を変えてしまうくらい大きな病。検査に協力することで、未知なるウイルスの輪郭を少しでも捉えられたら」と話した。同じく感染者でプロ野球元阪神タイガースの片岡篤史さんも調査への協力を表明している。

高精度の検査法

 新型コロナウイルスに感染すると産出される抗体に関しては、再感染を防ぐ機能の有無や持続期間など、実態について解明されていない部分が多い。研究には同大学の梁明秀教授のラボが独自に開発した検査を使用し、高精度で短期間に大量の検査が可能だという。従来は検査が難しいとされていた、再感染を防ぐことが期待できる中和抗体について測定する。

 感染から期間が経過しても中和抗体を持つ人の割合が分かれば、多くの人が免疫を持つことで感染拡大を抑える「集団免疫」が成立する可能性を評価でき、ワクチン開発にも役立つという。

 調査結果は随時報告していく方針で、早ければ9月に最初の調査結果が出るという。

 山中教授は「全国で初めての大規模な抗体検査で、未来の患者にも還元できるもの。できる限り多くの人にご協力いただきたい」と呼び掛けている。

 協力の申し込みはコールセンター【フリーダイヤル】0120・299・300へ。検査の詳細は特設サイト【URL】https://covid19-kaifuku.jpで確認を。

神奈川区版のローカルニュース最新6

20年の歴史祝う

うさぎ山

20年の歴史祝う 社会

5日に記念イベント

12月2日号

キャンドルで地域つなぐ

キャンドルで地域つなぐ 社会

六角橋の施設などで点灯

12月2日号

菅田郵便局員 特殊詐欺防ぐ

菅田郵便局員 特殊詐欺防ぐ 社会

顔見知り高齢者の異変察知

12月2日号

人形の家でペコちゃん展

人形の家でペコちゃん展 文化

横浜創業 不二家のシンボル

12月2日号

かわいい写真、楽しんで

かわいい写真、楽しんで 社会

大口1番街に展示

12月2日号

「生理の貧困」支援へ

「生理の貧困」支援へ 社会

市社協など寄付募る

12月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月23日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook