神奈川区版 掲載号:2020年10月1日号 エリアトップへ

認知症理解広がって 六角橋有志が啓発ポスター

社会

掲載号:2020年10月1日号

  • LINE
  • hatena

 六角橋地域で4年前に始まった認知症啓発事業「オレンジプロジェクト」の実行委員会が、認知症を抱える人との触れ合い方をまとめたポスターを制作した。10月から近隣エリアの掲示板に順次貼り出される。

 実行委員会では9月21日の世界アルツハイマーデーに合わせて参加型企画などを実施してきたが、今年は新型コロナウイルス感染症の流行で開催が困難になった。コロナ禍でも認知症理解に向けた活動を模索する中、ポスターによる啓発活動が浮かんだという。

 制作に向け、メンバーはオンラインで打ち合わせを重ねてきた。済生会神奈川県病院のソーシャルワーカーが認知症に関する資料を集め、ポップなイラストを使用したデザインは区内の協進印刷とデザイナーが担当。地元の神奈川大学生や六角橋地域ケアプラザの職員、近隣商店主の意見も取り入れ、子どもが見ても分かりやすいよう工夫した。

 六角橋商店街連合会の石原孝一会長は「温かみを感じられるポスターに仕上がった。高齢者にとっての住み良さを考えるきっかけになれば」と期待を寄せた。

高齢者に優しいまちへ

 オレンジプロジェクトは、六角橋自治連合会や六角橋商店街連合会、六角橋地域ケアプラザ、神奈川大学生で構成される「まち×学生プロジェクト」が主体となり実施している取り組み。地元企業らも加わり、”お年寄りに優しいまちづくり”を目指して認知症を多世代に伝える活動を続けている。2018年には、NHK厚生文化事業団主催「認知症にやさしいまち大賞」の特別賞を受賞した経歴もある。

神奈川区版のローカルニュース最新6

2例目の女性本部部長に

有田美智代さん(羽沢町) 神奈川消防団

2例目の女性本部部長に 社会

10月22日号

タンゴ、本場の音色で魅了

バンドネオン奏者 平田さん

タンゴ、本場の音色で魅了 文化

10月22日号

三ツ沢でハロウィーン

三ツ沢でハロウィーン 文化

10月31日、小中学生対象

10月22日号

妊婦向け食育講座

正社員雇用 8割「当面維持」

正社員雇用 8割「当面維持」 経済

横浜市調査で企業回答

10月22日号

地区センなど区内7カ所で

フードドライブ

地区センなど区内7カ所で 経済

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク