神奈川区版 掲載号:2021年5月7日号 エリアトップへ

区地域子育て支援拠点かなーちえ 入江にサテライト開設 未就学親子に無料開放

社会

掲載号:2021年5月7日号

  • LINE
  • hatena
施設を利用する親子ら
施設を利用する親子ら

 神奈川区の地域子育て支援拠点「かなーちえ」=東神奈川=のサテライト施設「かなーちえサテライト」が、4月20日にJR新子安駅近くにオープンした。駅前の再開発により子育て世帯の増加が著しい入江・新子安周辺の親子に向け、地域の支援団体などとも連携して子育て環境の向上に取り組んでいく。

 2階建て一軒家タイプのサテライトは、就学前の子どもを持つ家族、妊娠期のプレパパ・プレママなどを対象にした子育て支援施設。来場時に登録することで、東神奈川のかなーちえと共に無料で利用できる。

 各階のフリースペースでは子どもと自由に過ごすことができ、地域で子育て支援活動の経験があるスタッフが常駐して気軽な相談や情報提供を行う。食生活や発達といった子育ての不安や女性特有の悩みなどに専門家が応じる相談会、子育てに関連したトーク会なども実施し、親子の居場所を提供していく。

 4月20日のオープン以来、近隣の親子を中心に1日20組ほどが利用。施設を運営するNPO法人「親がめ」の新名美斗さんによると、新子安地区は高層マンションの建設などで子育て世帯を中心とした「新住民」が増加し、以前から支援施設の設置を求める声が上がっていたという。

双方向の交流の場に

 4月下旬の昼下がりには、子どもを抱えた母親たちが続々と施設を訪れた。1歳ほどの男の子と来場した柳内いづみさんは、電車に乗って東神奈川駅前のかなーちえに足を運んだこともあったが、「家の近所にこういう施設ができて本当に助かる。子ども同士のつながりができるだけでなく、お母さんたちとの交流もできてうれしい」と笑顔を見せた。

 新名さんは「正解がない子育てについて、寄り添い型の支援を通して双方向の交流を大切にしたい」と話し、世代を超えた住民同士で子育てを見守る地元の「すくすくかめっ子」や地域と連携しながら、支援の輪を広げたいという。

 開館時間は火曜日から土曜日の午前9時30分から午後3時。当面は午前・午後各25組の利用に制限する。

■かなーちえサテライト【電話】045・642・5727/神奈川区入江1の17の12の2/混雑具合の確認は【URL】https://kana-chie.com/
 

神奈川区版のトップニュース最新6

水道料金値上げへ

横浜市

水道料金値上げへ 社会

7月利用分から1割増

6月17日号

「門出の晴れ着」 諦めずに

「門出の晴れ着」 諦めずに 社会

ボランティアが無料着付け

6月17日号

ピッチ外でも仕事に汗

Y.S.C.C.横浜河辺選手

ピッチ外でも仕事に汗 社会

収入確保へ地元企業支援

6月10日号

GIGAスクール 初めの一歩

GIGAスクール 初めの一歩 教育

神大寺小で端末「開封式」

6月10日号

クリアファイルで地域愛育む

菅田地区

クリアファイルで地域愛育む コミュニティ社会

社協とケアプラ協力し作成

6月3日号

「暮らしの安心」実現に力

「暮らしの安心」実現に力 社会

神奈川区 運営方針示す

6月3日号

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter