神奈川区版 掲載号:2021年6月10日号 エリアトップへ

GIGAスクール 初めの一歩 神大寺小で端末「開封式」

教育

掲載号:2021年6月10日号

  • LINE
  • hatena
iPadを取り出す児童ら
iPadを取り出す児童ら

 小中学生に1人1台の情報端末を配備する国の「GIGAスクール構想」に基づき、横浜市内でも端末の活用が始まった。神大寺小学校では、児童自身が端末を開封して設定などを行う「GIGA開き」を実施。ICT(情報通信技術)教育の推進に向けて初めの一歩を踏み出した。

 「さあ、いよいよ皆さん一人一人にiPad(アイパッド)が配られます」--。4年生のクラスでは、担任の言葉に児童たちが歓声を上げた。5月31日と6月1日に同校で行われたGIGA開きでは、全児童にタブレット端末が手渡され、使用する際のルールや設定方法などを確認した。

 端末を受け取った児童は箱の中から大事そうに取り出し、「すごい、iPadだ」「意外と重いね」と口にしながら専用のケースに収納。端末が学習を深めるための文具になる一方、使い方を間違えるといじめにもつながるため正しい利用方法を考えていくことを担任と約束し、学習支援アプリ「ロイロノート・スクール」の初期設定などを進めた。

コロナ禍で前倒し

 国が進めるGIGAスクール構想は、義務教育を受ける児童生徒に1人1台の情報端末と校内に高速ネットワークを整備する計画。2023年度までに段階的に端末を導入する方針だったが、新型コロナウイルスの流行でオンライン学習の必要性が高まったことからスケジュールを大幅に前倒しした。

校外持ち出しは禁止

 横浜市では、小学校向けの端末にカメラ機能が充実して操作がしやすいiPad、中学校には起動が速いChrome book(クロームブック)を選定し、初期設定を行った上で児童生徒と全教職員に配布。各教室などには専用の保管庫が設置される。

 市教育委員会によると、端末は当面校内のみでの使用として校外への持ち出しは禁止するが、「再び一斉休校になれば、端末を持ち帰ってリモート授業に活用できるようにするなど緊急的な対応を取ることも考えられる」と話している。

主体的な学びに期待

 5年生のクラスでは、担任が出題したクイズに児童が端末上で回答し、全員の答えが教室のモニターに映し出される様子を体験した。男子児童は「お兄ちゃんがiPadを使っているので、操作は簡単だった。これから体育や家庭科の授業などでたくさん使っていきたい」と声を弾ませた。

 次田(しだ)るみ子副校長は「端末が全員に行き渡ったことで、自分で調べたこと、提案したいことを友だちや先生と即座に共有するなど、より主体的に学ぶための環境が整った。授業だけでなく、委員会やクラブ活動などにも活用の幅を広げていけたら」と期待を示した。
 

神奈川区版のトップニュース最新6

大口通にコロナ専門病院

大口通にコロナ専門病院 社会

軽症・中等症向けに60床

12月2日号

サルビアねっと登録1万人突破

サルビアねっと登録1万人突破 社会

患者情報、ICTで共有

12月2日号

3回目 2月から本格化

ワクチン接種

3回目 2月から本格化 社会

市、12月下旬に通知開始

12月2日号

緑化推進で優秀賞

MGP委員会

緑化推進で優秀賞 社会

社員有志で活動継続

11月25日号

旧規格消火器は交換を

旧規格消火器は交換を 社会

年内期限、事故の恐れも

11月25日号

6選手が表彰台に

神奈川大学レスリング部

6選手が表彰台に スポーツ

2大会でメダル量産

11月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月23日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook