神奈川区版 掲載号:2021年7月22日号 エリアトップへ

フロンティアハウス 保護猫と暮らす賃貸提案 NPOと連携、物件展開

社会

掲載号:2021年7月22日号

  • LINE
  • hatena
居室備え付けのシェルフを紹介する飯塚さん
居室備え付けのシェルフを紹介する飯塚さん

 飼い主がおらず保護団体に引き取られた猫と暮らす賃貸物件の普及に、東神奈川の不動産業者が取り組んでいる。生活環境の変化を見越して飼育に踏み切れない単身者や終生飼育が難しい高齢者などが、入居中のみ「預かりボランティア」として一時保護に協力できる仕組みを構築。手放された保護猫の居場所づくりに一役買うことで、保護団体の活動支援にもつなげる。

 フロンティアハウスが販売する「ねこネクト」は、自宅の一部に単身者向けの貸室を設けた戸建てタイプの賃貸併用住宅。入居者は、保護猫を一時預かりという形で飼うことができる。

 商品展開にあたり、同社は保護猫の譲渡活動を行うNPO法人東京キャットガーディアンと連携。入居者は面談・審査を経て、同法人が世話をしている保護猫を迎え入れて共同生活を送る。同法人の山本葉子代表は「引き取り手を見つけるのに時間がかかる高齢猫の一時預かりの場になれば」と期待し、入居者が希望すれば猫の譲渡にも応じるという。

専用設備が充実

 ねこネクトには、猫との暮らしを想定したさまざまなアイデアが光る。今年6月に完成した第1号となる座間市の物件は、賃貸部分の玄関とリビングの間に逃走防止用のドアを設け、フローリングは足を滑らせないようざらつきのある素材を採用。リビングと洗面所を仕切る扉には猫が行き来できる専用ドアを設け、備え付けの収納シェルフはキャットタワーとしても利用可能だ。

 商品を企画した飯塚謙太さんは、自身も実家で保護猫を飼っていた経験を持つ。就職を機に一人暮らしを始める際にも保護猫を引き取ろうと考えたが、「そもそもペット可の物件は数が少ないだけでなく、築年数が古かったり立地が不便だったりして入居しづらかった。それなら、初めから保護猫と暮らせる環境が整った家を造ろうと考えました」と話す。

アイデアで差別化

 賃貸市場では物件の設備や構造などをアピールする事業者が多い中、同社は「保護猫との共生」というコンセプトで差別化を図る。飼育経験がない人や転勤などで飼い続けられるか不安な人でも気軽に保護猫を迎え入れられるため、「1人でも多くの人に猫との暮らしを楽しんでもらえたら」と飯塚さん。保護猫解消の一翼を担いながら、安定した入居率を求める物件所有者と借主の希望にも応える「三方よし」の住まいを目指している。
 

横浜アイリス学園

「せんせい、だいすき!」~子育て、心育てを大切に~

http://www.iris.ed.jp/

<PR>

神奈川区版のトップニュース最新6

保護猫と暮らす賃貸提案

フロンティアハウス

保護猫と暮らす賃貸提案 社会

NPOと連携、物件展開

7月22日号

チャットで買い物便利に

反町3商店街

チャットで買い物便利に 経済

ECモール8月まで開設

7月22日号

内水氾濫マップ 雨量見直し

内水氾濫マップ 雨量見直し 社会

153ミリで従来の2倍想定

7月15日号

倒産件数、上半期は大幅減

倒産件数、上半期は大幅減 経済

特別融資、支援金が下支え

7月15日号

MM街づくり団体と協定

神奈川大

MM街づくり団体と協定 社会

キャンパス内に活動拠点

7月8日号

ワクチン接種 医院と連携

南神大寺団地

ワクチン接種 医院と連携 社会

申込代行など自治会が一助

7月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter