神奈川区版 掲載号:2021年12月9日号 エリアトップへ

神奈川消防 冬のストーブ火災に警鐘 原因別死傷者の割合高く

社会

掲載号:2021年12月9日号

  • LINE
  • hatena

 冬場の暖房器具の使用で急増する「ストーブ火災」に対し、神奈川消防署が注意を呼び掛けている。主要な出火原因の「たばこ」「こんろ」と比べてもストーブ火災は死傷者数が多く、同署では「使用環境には細心の注意を払い、万一火災が発生した場合はいち早く気付けるよう、住宅用火災警報器の点検や更新を」と話す。

 横浜市内で2010年からの10年間に発生したストーブ火災は263件で、死者数は31人、やけどなどの負傷者は120人に上った。件数は他の出火原因と比べて少ないものの、死傷者の割合は一段と高いのが特徴だ。

出火の7割「電気式」

 同署によると、ストーブの機種の中でも電気ストーブが出火原因となるケースが多いという。石油やガスを動力とする製品と違い、燃料と換気が不要なため「手軽で安全」と思われがちだが、市内で発生したストーブ火災263件のうち約7割が電気ストーブによるものだった。

 ストーブ火災の原因には、▽ストーブのそばに洗濯物を干す▽ストーブをつけたまま就寝し、布団がストーブに触れたことによる出火▽ストーブの近くで殺虫剤などを噴射したため引火▽ストーブをつけたままの給油作業▽キャップの閉め忘れ――などが挙げられる。使用しない時はコンセントを抜き、周囲に燃えやすいものを置かないようにするほか、火災を早期発見できるよう住宅用火災警報器の日常的な点検を行うことが重要だ。

 同署は「火災警報器は10年を目安に交換することが推奨されている。設置義務化から10年以上が経つので、一度見直してほしい」と呼び掛けている。設置や点検方法などの問い合わせは同署【電話】045・316・0119。

神奈川区版のトップニュース最新6

還元金額5%にとどまる

市内飲食店利用促進事業

還元金額5%にとどまる 経済

利便性に課題か

1月20日号

海中ソーラー 実用化目指す

海中ソーラー 実用化目指す 社会

神大、横浜港で実証実験へ

1月20日号

「つながり」育む1年に

「つながり」育む1年に 社会

日比野区長インタビュー

1月13日号

3回目接種を前倒し

横浜市

3回目接種を前倒し 社会

65歳以上、3月末完了へ

1月13日号

11年ぶり中学生記録樹立

セントラルスイム

11年ぶり中学生記録樹立 スポーツ

短水路800mリレーで

1月6日号

コロナと経済 両立めざす

黒岩知事インタビュー

コロナと経済 両立めざす 政治

反転攻勢に強い意欲

1月6日号

あっとほーむデスク

  • 12月9日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook