宮前区版 掲載号:2013年3月29日号
  • googleplus
  • LINE

混声合唱団「樹林」の常任指揮者で声楽家・合唱指揮者として活躍する 辻 秀幸さん 多摩区在住 54歳

音楽は全てにつながっている

 ○…樹林の創立は1985年。四半世紀を経て、団は円熟期を迎えている。5月12日のミューザ川崎での定期演奏会にむけ、指導にも熱が入る。総勢110人で歌うのはバッハの声楽曲の集大成「ミサ曲ロ短調」。「決して簡単な曲ではないが、合唱そのもののレベルは高い」と、団員とともに難曲に挑む。その独特の指導は、ユーモアを交えながら時に厳しく、次第に熱を帯びる。「きつい言い方をする時もあるけれど、指導者だから偉いわけではない。団員へのリスペクトはなくさないですね」

 〇…長身で貫録ある体格と響き渡る声。合唱指揮者だった父の影響で音楽家の道をめざし、東京芸術大学声楽家、大学院独唱科へと進んだ。そこで出会ったのがバッハのキリスト教音楽。「理詰めでありながら、包容力があるのが魅力」。プロとして数々のコンサートやオペラの舞台に出演し、その表現力と歌唱が絶賛された。宗教音楽の歌い手として、また指揮者としても注目を浴びている。「年齢を気にせず、幾つになってもできるのが合唱の魅力。声帯と横隔膜は歌い重ねることで、さらなる音域を得ることができる」

 〇…東日本大震災以降は、音楽による被災地支援にも積極的に取り組み、今月20日には、指導する東京近郊の主婦5団体と仙台市の団体が参加した「被災地おかあさんコーラス活動支援コンサート」を都内で開いた。樹林の団員たちにも「大きな災害があった中で、自分たちが歌えることに感謝して、それを合唱に込めてほしい」と伝える。そしてそれは自らも同じ。常に感謝と謙虚さを忘れず、すべてを音楽とともに歩む。

 ○…妻はソプラノ歌手の佐竹由美さん。弟ふたりもピアニストと声楽家で、それぞれの妻も音楽家という音楽一家。佐竹さんは「樹林」の定演にもソリストとして参加する。「すべてが音楽の糧になる。無駄なことは何もないですよ」と、真摯(しんし)な眼差しで語った。

宮前区版の人物風土記最新6件

島田 裕代さん

4月1日の宮崎台ふる里さくら祭りでアクロバットパフォーマンスを披露する

島田 裕代さん

3月30日号

浪口 修さん

宮崎台のさくら祭りプロレスの仕掛け人でフリーのプロレスラー

浪口 修さん

3月16日号

山田 美和さん

第9回みやまえC級グルメコンテストでグランプリに輝いた

山田 美和さん

3月9日号

徳永 友一さん

1月スタートのTVドラマ『海月姫(くらげひめ)』の脚本を手掛ける

徳永 友一さん

3月2日号

長谷川 竜也さん

川崎フロンターレのMF(ミッドフィルダー)としてプレーする

長谷川 竜也さん

2月23日号

鈴木 市藏さん

第30回川崎市自治功労賞を受賞した

鈴木 市藏さん

2月16日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

宮前区版の関連リンク

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク