宮前区版 掲載号:2015年1月23日号 エリアトップへ

様々な地域イベントで司会を務める 太田公子(きみこ)さん 宮崎在住 66歳

掲載号:2015年1月23日号

  • LINE
  • hatena

「地域への恩返しを」

 ○…福島中央テレビやテレビ神奈川のアナウンサーを経てフリーアナウンサーとして活動した経験を活かし、宮前区賀詞交換会や区民祭、防災フェアなど地域のイベントで司会を務める。良く通る声とパワフルなキャラクターが人気で今では地域の名司会者だ。「人前で話すことが大好き。退職後もこうして地域の様々なイベントに呼んでもらえるのは嬉しい」

 ○…アナウンサーを目指したのは高校の頃。当時の現代国語の教師から朗読のセンスを買われ、アナウンサーへの道を勧められた。卒業後、短大と並行してアナウンスアカデミーに通い、21歳のときにアナウンサーとしてデビューした。高校野球の場内インタビューや船内放送、レポーターなど様々な放送に携わった。「人がなかなかできないような貴重な体験がたくさんできた。お得で楽しい人生です」と無邪気に笑う。

 ○…ご主人とともに2人の娘を育て上げた「お母さん」。障害をもつ下の娘の育児をきっかけに新しい世界が広がったという。小学校にあがるまで「パパ、ママ、先生」しか話せなかった娘が、教師や周囲の協力で卒業するころには『おしゃべり』に。「たくさんのいい出会いがあった。周囲の人や環境に本当に助けられました」と感謝を滲ませる。ハンディキャップスキーや水泳を始めた娘の影響で、自身も40代でスキーや泳ぎをマスターした。「娘のおかげ。なんでもチャレンジして楽しむことがポイントですね」と話す温かい表情が印象的だ。

 ○…現在は地域の福祉環境を整えたいとの想いで、福祉ジャーナリストという肩書のかたわら区社会福祉協議会副会長やまちづくり協議会の理事を務める。「ハンディキャップのある方やその家族が求めるものを多くの方に正確に伝えたい。地域への恩返しですね」。地域活動に加え、ローカル紙への子育て奮闘記のコラム連載などを通して精力的に文章でも想いを伝えていく。

宮前区版の人物風土記最新6

恒川 康夫さん

ベンチ設置など鷺沼町会でさまざまな取り組みを推進する

恒川 康夫さん

鷺沼在住 86歳

1月21日号

神園 佳昌(よしあき)さん

川崎青年会議所(JC)の第72代理事長に就任した

神園 佳昌(よしあき)さん

幸区在住 35歳

1月14日号

山田 和穂さん

2年ぶりに再開した稗原小算数ボランティアのまとめ役を務める

山田 和穂さん

菅生在住 56歳

12月24日号

松山 知明さん

各種歯科健診などの取り組みを進める

松山 知明さん

川崎市歯科医師会会長 62歳

12月17日号

都倉 建藏さん

宮崎町内会長として宮崎台小芋ほり交流などに取り組む

都倉 建藏さん

宮崎在住 76歳

12月3日号

田原 田鶴子さん

シェアオフィス ノクチカで個展「氷と後光」を開いた

田原 田鶴子さん

宮崎在住 65歳

11月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 宮前歴史探訪記

    連載第十五回 宮前の歴史を学ぶ会

    宮前歴史探訪記

    宮前区の30%は軍用地でした【7】 東部62部隊兵士の葉書 太平洋を往復

    1月21日号

  • 宮前歴史探訪記

    連載第十四回 宮前の歴史を学ぶ会

    宮前歴史探訪記

    宮前区の30%は軍用地でした【6】 東部62部隊兵士の葉書 太平洋を往復

    1月14日号

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook