宮前区版 掲載号:2015年10月16日号 エリアトップへ

区内で初めて五ツ星お米マイスターの資格を取得した 小嶋 和江さん 犬蔵在住 66歳

掲載号:2015年10月16日号

  • LINE
  • hatena

「お米で地域を元気に」

 ○…日本米穀小売商業組合連合会が主宰するお米マイスター。玄米の判別や炊飯指導、食味官能など知識と技術力が問われる試験が8月に行なわれ、今年全国で合格者26人という狭き門を突破。区内初の五ツ星お米マイスターとなった。地元商店として区内では小学校に出向いて米に関する授業を行うなど、地域貢献も活発に行ってきた。「成長期の食事は本当に大切。特に子ども達に安心・安全なお米を食べてもらいたい」

 ○…米屋に嫁いで44年。当初は食糧管理制度下で米を配給する「配達屋さん」だった。1995年に施行された新食糧法で米屋以外の店でも米の販売ができるように。「価格競争も厳しくなり、本当においしくて安全なお米を届けるためには勉強が必要と感じていた」。お米マイスターの資格ができた翌年、今から12年前に三ツ星の資格を取得。7年前には日本炊飯協会が主宰するごはんソムリエの資格も取得した。「自己流ではなく確かな知識を得られる。資格制度で業界全体が盛り上がってほしい」

 ○…中原区出身。自家製食料品販売店を営む家庭に生まれた。幼少期はおてんばな元気っ子で店の手伝いもよくしていたという。実はこの頃から「お米屋さん」が夢だったとか。その理由は「傷まない、米ぬかも売れる、無駄がない」と、さすが商売人の娘。現在は5人の孫をもつおばあちゃん。「孫たちも皆、お米の味に厳しくてね」と嬉しそうだ。

 ○…美味しい米を自ら探すため、これまで何度も東北地方などに出向いてきた。最近では休耕田を見る機会も増え、「30年前の青田の景色が懐かしい」とも。今回の試験では受験者の中で最高齢という長年の経験や勉強した知識から、口答でスラスラと回答。その実力は試験官もびっくりするほどだ。「お米の”顔”を見極められるようになった。より自信を持ってお米の大切さを地域の皆さんに伝えたい」。米専門家として、さらなる一歩を踏み出す。

宮前区版の人物風土記最新6

針山 直幸さん

すがお手つなぎまつり実行委員会の委員長を務める

針山 直幸さん

菅生・蔵敷こども文化センター館長 70歳

10月18日号

影山 亥史郎(いしろう)さん

みやまえJUN-CAN会議とみやまえエコPPKの代表を務める

影山 亥史郎(いしろう)さん

有馬在住 72歳

10月4日号

石塚 三郎さん

50周年式典を開催した県営有馬団地自治会の会長を務める

石塚 三郎さん

東有馬在住 78歳

9月20日号

松下 幸子さん

絵本の読み聞かせボランティアを13年続ける

松下 幸子さん

宮崎在住 83歳

9月13日号

中山 紳一さん

公益財団法人川崎市スポーツ協会の会長に就任した

中山 紳一さん

中原区在住 58歳

9月6日号

小林 昇さん

川崎市遊技場組合の組合長に就任した

小林 昇さん

(有)三島商事 代表取締役社長 55歳

8月30日号

轟(とどろき) 淳次さん

国際ロータリー第2590地区(川崎・横浜)のガバナーに就任した

轟(とどろき) 淳次さん

三和矢崎サービス(株)代表取締役会長 76歳

8月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

  • 8月23日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク