宮前区版 掲載号:2017年9月29日号 エリアトップへ

2017年台湾グランプリ国際バレエコンペティションのシニア部門で第2位になった 織戸 美莉(みり)さん ワイダンスカンパニー所属 19歳

掲載号:2017年9月29日号

  • LINE
  • hatena

「踊りで感動させたい」

 ○…8月に開催された『2017年台湾グランプリ国際バレエコンペティション』のシニア部門に出場。この世界で活躍するプロを目指す若手の登竜門で、見事第2位になったほか、世界の名だたるバレエ学校に留学できる資格であるスカラシップを3つも獲得した。先生から出場を勧められ、「台湾に行ってみたい、初の海外での国際コンクール、自分の今のレベルを確かめたい」という理由で決意。結果、「一番いい演技ではなかったが、練習してきた成果を出すことができてうれしかった」とほほ笑む。

 〇…幼少から両親に勧められバレエやチアダンスなどをやっていたが、小学校低学年頃に最も楽しいと思えたバレエ一本に。中学生から高いレベルをめざし本格的に取り組みたいと区内のワイダンスカンパニーの門をたたいた。以来なかなか思うようにできず嫌になることもあったというが、「言葉はなくても表現ができる。それが楽しくて仕方ない」という魅力にひきつけられ、レベルアップを目指し研究と努力の毎日。14年にドイツで開かれたコンクールに出場し得たスカラシップにより、カナダに2年間留学。技術を磨いた。本人は「食べ物が美味しくて太ってしまい、帰ってきてから大変でした」と笑う。

 〇…現在は両親と3人暮らし。妹がいるがカナダに語学留学している。今はバレエ中心の日々だが、それ以外では食べることが楽しみという年頃の乙女。取材時は少々大人しい印象を受けたが、「演技には活発な本当の私の性格が表れていると思いますよ。お肉大好きの肉食系女子です」と、茶目っ気もたっぷり。

 〇…コンクール中に、エジプトの国立バレエ団から誘われ、12月からプロとして舞台に立つことが決定。バレエを始めた頃に描いた夢をひとつ叶えた。「もっともっと表現力をつけて、いつか大きな舞台で1人で踊れるようになりたい。踊りで観る人を感動させられるダンサーになりたい」

宮前区版の人物風土記最新6

日野 僚さん

ボクシング、日本フェザー級タイトルマッチに挑む

日野 僚さん

有馬出身 31歳

9月24日号

渡辺 啓さん

宮前区まちづくり協議会のウォーキング部会で部会長を務める

渡辺 啓さん

鷺沼在住 70歳

9月17日号

日吉 拓哉さん

葉加瀬太郎さんのアルバムジャケット絵を制作した

日吉 拓哉さん

鷺沼在住 22歳

9月10日号

山田 千鶴さん

市民団体ほっとスペース・「和」の代表を務める

山田 千鶴さん

菅生在住 60歳

9月3日号

KANAKOさん(本名:小西山香菜子)

ワークショップ「自分マップをつくろう」の講師を務める

KANAKOさん(本名:小西山香菜子)

土橋在住 39歳

8月27日号

小倉 正さん

国際ロータリー第2590地区のガバナーに就任した

小倉 正さん

横浜市中区在勤 77歳

8月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook