宮前区版 掲載号:2018年11月23日号 エリアトップへ

産学官金連携 北部市場から新ブランド 鮮魚の熟成化に成功

経済

掲載号:2018年11月23日号

  • LINE
  • hatena
舌鼓を打つ福田市長(上)とエイジングシートの実演をする市場スタッフ
舌鼓を打つ福田市長(上)とエイジングシートの実演をする市場スタッフ

 川崎市内の産学官金の力が結集され、北部市場(川崎市中央卸売市場北部市場)から新たなブランドが誕生した。鮮度を保ちながら魚を熟成した日本初の「発酵熟成熟鮮魚」。15日に記者発表し、販売を開始した。インターネット通信販売のほか、北部市場内の鮨店などで味わうことができる。

 「発酵熟成熟鮮魚」と名付けられた商品のコンセプトは「熟成されているが鮮度が保たれた魚」。川崎北部市場水産仲卸協同組合(北水協)が、明治大学と(株)ミートエポックが開発した熟成製造技術「エイジングシート」を用いて商品化した。両者の橋渡し役を担ったのは市と川崎信用金庫。川崎生まれの新ブランドだ。

 魚は通常7日目から腐敗が始まるが、特殊な技術を用い長期熟成しても鮮度を保つことに成功。養殖のマグロは熟成させることで、天然の本マグロのような味わいになるという。10種類の魚で試行錯誤を繰り返し、その中からマグロ、銀鱈、メカジキを商品化した。商品は北水協のウェブサイトで販売している。

 北水協の種村誠二理事長は「取扱高が減少している現状を打破して市場を盛り上げたい。海外での販売も視野に入れている」と期待を寄せる。

 同商品のマグロを試食した福田紀彦市長は「食感は滑らかで熟(な)れている感じ。臭みなく香りは芳醇。全く養殖とは思えない」と感想を述べた。

 川崎市内で「発酵熟成熟鮮魚」が食べられる飲食店は北部市場内の「鮨あらい」ほか1店のみ。同店では中トロ5貫1800円で提供。店主の新井隼人さんは「味がすごく濃い。(試験的に提供している)サーモンとイカもおすすめ」と話す。

宮前区版のトップニュース最新6

市民の生活様式 共有

市民の生活様式 共有 社会

宮前区 体験談や作品募集

5月29日号

事業者支援で10万円

川崎市

事業者支援で10万円 経済

「6月支給」もにじむ不安

5月29日号

外出自粛で献血減少懸念

コロナ余波

外出自粛で献血減少懸念 社会

センターが協力呼びかけ

5月29日号

さくら坂商店街が誕生

宮崎台

さくら坂商店街が誕生 社会

20店舗・団体でスタート

5月22日号

巻き込み広げる支援の輪

【Web限定記事】ビヨンドザリーフ

巻き込み広げる支援の輪 社会

シニア手編みマスクで寄付

5月22日号

休校延長、学習に格差

川崎市立校

休校延長、学習に格差 社会

代替案急務も現場頼み

5月15日号

あっとほーむデスク

  • 6月2日11:45更新

  • 6月1日9:48更新

  • 5月26日18:48更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年6月2日号

お問い合わせ

外部リンク