宮前区版 掲載号:2018年12月21日号 エリアトップへ

「フランスチーズ鑑評騎士の会」日本支部に叙任された 青木 智子さん 菅生在住 64歳

掲載号:2018年12月21日号

  • LINE
  • hatena

地酒とチーズに魅せられて

 ○…フランスチーズの伝統と魅力を伝える「フランスチーズ鑑評騎士の会」日本支部の叙任式が11月13日に行われ、第一線で活躍する名だたるメンバーの中に名を連ねた。菅生で酒屋を営み、日本酒とチーズの「マリアージュ(組合せ)」を地道に広めてきた。時には蔵元とチーズの専門家を呼んだユニークな企画を展開。「食や伝統を重んじるフランスは日本にも通じるところがある」。地酒の可能性の裾野を広げようと活動に熱が入る。

 ○…3人の息子を持ち、現在は長男と店を切り盛りする。子育てがひと段落した20年程前、ワインアドバイザーの資格を取得。今ではソムリエ全体の5%のみのシニアソムリエの資格を持つ。興味を持ったのは78年のワインブームの時。試飲会で出されたワインとチーズのミスマッチに驚いたという。「美味しさが分からないのが悔しかった。今思えば組合せが悪かったんだけどね」と笑う。11年にはチーズプロフェッショナルの資格も取得。日本酒とチーズの相性については「日本酒は懐が深い。チーズとの様々な組み合わせが楽しめる」と話す。お薦めはブルーチーズに甘口の日本酒だとか。

 ○…川崎区大師の米屋の娘として生まれた。服飾系の専門学校に通い、その頃からフランスへの憧れがあったという。「当時はとにかくキラキラして洗練されたおしゃれなイメージだった」と話すが、丁寧に作られるチーズやワインに触れ、印象が変わった。毎日の晩酌にもチーズは欠かせない。

 ○…何時間もかけてフォン(出汁)を作ることもあるほど本格派の料理好き。「のめり込んだらとことんやりたくなっちゃう」と目を輝かせる。「美味しい食事で幸せを届けたい」という想いで地酒とチーズの魅力を広く伝えていく。

宮前区版の人物風土記最新6

安齊 久男さん

川崎市連合遺族会の会長として戦争の悲惨さを伝える

安齊 久男さん

西野川在住 84歳

4月16日号

古川 由美子さん

民間枠の聖火ランナーとして大磯町を走る

古川 由美子さん

土橋在住 56歳

4月9日号

岡野 正志さん

宮前図書館の館長を務める

岡野 正志さん

宮前平在勤 59歳

4月2日号

北村 清士さん

ヨネッティー王禅寺でパステル画教室の講師を30年務める

北村 清士さん

菅生ヶ丘在住 83歳

3月26日号

田代 流生(りゅうい)さん

障害者の芸術活動を支え、彼らが地域で普通に暮らせる社会をめざす

田代 流生(りゅうい)さん

有馬在住 39歳

3月19日号

松澤佑紀さん

アマビエを描く地上絵企画を発案した

松澤佑紀さん

向丘中学校勤務 37歳

3月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter