宮前区版 掲載号:2019年1月25日号 エリアトップへ

インフルエンザ 学級閉鎖、早めの急増 該当校患者 2日間で407人

社会

掲載号:2019年1月25日号

  • LINE
  • hatena

 インフルエンザ患者の増加に伴い、臨時休業措置(学級閉鎖)を行う川崎市立学校が1月3週目から急増している。16、17日の2日間で、小中学校19校53学級が学年・学級閉鎖を開始。17日には昨年より1週間早い流行発生警報が市内に発令され、市は感染予防の徹底を呼びかけている。

 インフルエンザの発生状況について、市は市内61カ所の定点医療機関から1週間ごとに集計している。1月7日から1週間で1医療機関あたりの患者数が年末(24日〜30日)比の約3・6倍にあたる38・48人に急増。「警報基準値」の30人を超えたことを受け、市は17日に流行発生警報を発令した。急増の要因について、市健康安全研究所は「年末から徐々に増え、医療機関が休業する年末年始をはさむため、患者報告数は一度減る。例年は年が明けて段階的に増えるが、今季は一気に上昇した」と分析する。

14校が16日から

 冬休み明けの学校では7日から1週間は学年・学級閉鎖が行われず、16日に宮崎台小など市内14校で開始。17日は5校で開始され、該当校の患者数は2日間で407人に達した。その後も市内で実施が相次いでいる。

 昨年は、定点医療機関の平均患者数が1月15日から1週間で過去最多の52・16人となり、学年・学級閉鎖は24校で患者数183人。今季は前年比でやや早い流行といえる。市教育委員会は「学級閉鎖や患者数の多い、少ないはシーズンが終わらないと判断できない」とし、「昨年も1月3週目に実施校が急増しており、同様の傾向」としている。

 今後の動向について、同研究所は「警報後に発生が減るケースは少なく、2月にかけて増加するのでは」と予測。学校や職場など密着した集団生活によって感染は広がりやすいとし、「高熱やせきが続くと、脳症や肺炎など合併症を引き起こす恐れがある。子どもは初期段階で異常行動を起こすケースもあるので、保護者は注意してほしい」と警鐘を鳴らす。

宮前区版のトップニュース最新6

コロナと経済 両立めざす

黒岩知事インタビュー

コロナと経済 両立めざす 社会

反転攻勢に強い意欲

1月14日号

新成人2287人

宮前区

新成人2287人 文化

時短3部制で式典

1月14日号

つながりテーマに記念事業

区制40周年

つながりテーマに記念事業 文化

式典は7月1日

1月7日号

地域再発見の1年に

新春インタビュー

地域再発見の1年に 社会

南区長、新年の抱負語る

1月7日号

「胎内仏」三が日初公開

影向寺

「胎内仏」三が日初公開 文化

代々伝わる女神・如来坐像

1月1日号

川崎の新時代へ「挑戦」

川崎の新時代へ「挑戦」 政治

福田市長、2022年を語る

1月1日号

子の神福祉会便り

地域の福祉をトータルサポート

http://www.fujimiplaza.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月17日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook