宮前区版 掲載号:2020年3月20日号 エリアトップへ

サギヌマSC(スイミングクラブ) ベトナム企業と業務提携 プール貸与で進出拍車

社会

掲載号:2020年3月20日号

  • LINE
  • hatena
現地で行われた締結式=同社提供
現地で行われた締結式=同社提供

 宮前区内でサギヌマスイミングクラブを運営する(株)エスアンドエフ(小倉謙代表取締役社長)が2月26日、ベトナムで現地企業と業務提携を結んだ。水難事故を防ごうと、昨年8月に現地法人を立ち上げた同社。協定にはプールの貸与が盛り込まれ、ベトナムでの水泳指導に拍車がかかることが期待される。

 「水難事故で命を落とす人を減らしたい」との思いから、同社は2019年8月に現地法人エスアンドエフ ベトナムを設立。このほどハノイで水泳用プールを管理運営するタンロンプールと共同事業契約を締結した。これまでの活動は学校の授業サポートや、ホテルのプールを間借りしての個人レッスンにとどまっていたが、協定の締結によりプールを貸し切り、自社カリキュラムでレッスンを進めることができるようになった。

地道な努力実る

 現地でスイミングクラブを5月1日に開校することが決まった。現地スタッフを雇用し、クラス分けしてステップアップしながら泳ぎを上達させる日本式のサービスを、ベトナムの「エネルギッシュで結果主義」な風土に合わせて提供、指導していく。同社スタッフは「夏までには自社プールを持ち、軌道に乗せてベトナム国内展開していきたい」と抱負を述べる。

 同社によると、ベトナムでは溺水で命を落とす子どもの数が年間約2500人と日本の25倍にのぼるという。ベトナムは日本ほど水が豊かでなく、プールの数も少ない。現地法人の代表取締役社長とコーチを兼任する鮎澤貴孝さんが、2年ほど前からプールを探し地道に交渉をし続け、念願の協定締結に至った。

 17年前の入社試験時の作文に「いつか途上国の子どもに水泳を教えたい」と書いていた鮎澤さん。「現地の仲間に恵まれ、やっとスタートできる。ベトナム全土でスイミングレッスンが受けられる環境を作っていきたい」と話している。

宮前区版のトップニュース最新6

内定取消生 採用へ

(株)パスポート

内定取消生 採用へ 社会

新型コロナ受け

4月3日号

入学式 来週実施へ

市立学校

入学式 来週実施へ 社会

授業再開は検討続く

4月3日号

新制度に相談急増

川崎市中小融資

新制度に相談急増 社会

コロナ窓口、半月で875件

3月27日号

思い受け継ぎ45周年

菅生こども文化センター

思い受け継ぎ45周年 社会

開館時の児童、担い手に

3月27日号

国文化財に正式登録

二ヶ領用水

国文化財に正式登録 社会

川崎市 案内板新設へ補助金申請

3月20日号

ベトナム企業と業務提携

サギヌマSC(スイミングクラブ)

ベトナム企業と業務提携 社会

プール貸与で進出拍車

3月20日号

やすらぎ動物供養塔 東樹院 

合祀10万円(3年間保管/その他プラン有) 見学会実施中 無料送迎致します 

http://www.tojyuin.com/

台風19号被害、現場の声届け

復旧・豪雨対策が加速!「緊急要望書」を市長に提出しました。

https://komei-kawasaki.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月3日0:00更新

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク