宮前区版 掲載号:2020年3月27日号 エリアトップへ

菅生こども文化センター 思い受け継ぎ45周年 開館時の児童、担い手に

社会

掲載号:2020年3月27日号

  • LINE
  • hatena

 菅生こども文化センター(運営主体:NPO法人あかい屋根)=写真=が、5月で45周年を迎える。菅生地区に移住してきた親たちが、子どもの居場所を求めて生まれた同センター。現在は開館当時の子どもたちが成長し、次代を担う児童らを見守っている。

 昭和40年代初期、公害問題から子どもを守り、育てる環境を求めて多くの人々が菅生に移り住んだ。自然はあるが病院すらない状況に「子どもたちに文化を」という住民からの声が行政を突き動かし、1975年にできたのが同センターだ。

 児童館は法令で「18歳未満のすべての子どもを対象に、健やかに育成することを目的とする」と定められており、放課後の子どもたちのあそび場として広く開かれている。館長を務める針山直幸さんは「設立背景もあり、青少年に限らず老若男女さまざまな世代が毎日4、50人訪れる」と話す。地域ボランティアも積極的で、敷地内に設置さているアスレチック「冒険遊び場」は、職員と地域の人々とで完成させたものだ。同センター設立以前からかかわり、近隣の稗原団地自治会長も務めた十文字美恵さんは「職員らも尽力してくれている。地域の誇り」と話す。

”故郷”感じて

 同センターで育った子どもたちは成長し、今では自治会の役に就くなど、児童らを見守り同センターを支える側として活動している。卒業式や結婚などの節目ごとに、顔を出しに帰って来てくれる人もいるという。同センター職員は「社会情勢や時代の変化もあるが、思いを受け継いで、子どもたちがいつまでも『故郷』を感じてくれたらうれしい」と思いを語る。

地域包括めざす

 「総合施設になれば、障害者や高齢者も含めて幅広いニーズに応えられる。みんなの出来る事が絡み合い、助ける力になるはず。地域全体が良くなるよう、地域包括を実現していきたい」と今後の展望を語る針山館長。「子どもの未来は川崎の未来。担っていく若い世代が健やかに育つよう、これからも地域、子どもたちと歩んでいきたい」と話した。

宮前区版のトップニュース最新6

市民の生活様式 共有

市民の生活様式 共有 社会

宮前区 体験談や作品募集

5月29日号

事業者支援で10万円

川崎市

事業者支援で10万円 経済

「6月支給」もにじむ不安

5月29日号

外出自粛で献血減少懸念

コロナ余波

外出自粛で献血減少懸念 社会

センターが協力呼びかけ

5月29日号

さくら坂商店街が誕生

宮崎台

さくら坂商店街が誕生 社会

20店舗・団体でスタート

5月22日号

巻き込み広げる支援の輪

【Web限定記事】ビヨンドザリーフ

巻き込み広げる支援の輪 社会

シニア手編みマスクで寄付

5月22日号

休校延長、学習に格差

川崎市立校

休校延長、学習に格差 社会

代替案急務も現場頼み

5月15日号

あっとほーむデスク

  • 6月2日11:45更新

  • 6月1日9:48更新

  • 5月26日18:48更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年6月2日号

お問い合わせ

外部リンク