宮前区版 掲載号:2020年10月2日号 エリアトップへ

土砂災害警戒区域 6割が「レッド指定」 県調査、区内100区域見込む

社会

掲載号:2020年10月2日号

  • LINE
  • hatena
土砂災害特別警戒区域のイメージ
土砂災害特別警戒区域のイメージ

 「生命に著しい危害が生じる恐れがある」とされる土砂災害特別警戒区域(レッド)指定に向けた県の調査結果が9月25日に公表された。区内では警戒区域(イエロー)の内、約6割の100区域がレッド指定される見通し。県川崎治水センターは来年3月ごろに指定エリアを固め、県公報で公示する。

 神奈川県は土砂災害防止法に基づく「土砂災害特別警戒区域」(レッドゾーン)の指定に向け、2019年から測量や目視での地質調査などを実施してきた。

 今回公表された宮前区内のレッドゾーンは、指定済みの「警戒区域」(イエローゾーン)166区域の内、100区域程度となる見込み。野川地域(野川本町・西野川含む)19区域、菅生周辺(菅生ヶ丘、一部水沢ほか含む)13区域が多く、そのほか、東有馬や犬蔵、神木など区内全域に広がる。

 同防止法は災害の恐れがある土地を「警戒区域」に指定し、住民に危険を周知することなどを定めている。イエローの内、より危険性が高いとされる区域がレッド指定となる。今後、川崎市長への意見聴取などを経て来年3月ごろに区域指定として公示される。市は公示後のデータを土砂災害ハザードマップに反映し、レッドゾーンを追記するという。

開発に規制も

 レッド指定されると、特定の開発行為が許可制となる。このほか、建築物の建て替えの際などに構造上の規制がかかる場合があるという。県川崎治水センター担当者は「現段階で住民に対処義務が生じるものではなく、あくまで危険性を周知する制度」と話す。

 調査結果は県ポータルサイトや宮前区役所などで閲覧可能。予定していた住民説明会は新型コロナ感染拡大防止のため中止となったが、10月13日(火)と14日(水)には事前予約制で個別説明を実施する。申し込み、個別の問い合わせは【電話】044・932・7193。
 

宮前区版のトップニュース最新6

市、6年ぶり「対象」か

地方交付税

市、6年ぶり「対象」か 経済

税収大幅減で来年度

10月23日号

中学野球クラブ始動

区内初

中学野球クラブ始動 スポーツ

石倉さん、地元仲間らと

10月23日号

第3の居場所創出へ

まちかどシェア

第3の居場所創出へ 文化

オンラインで市民活動発信

10月16日号

似顔絵 交流の契機に

民生委員

似顔絵 交流の契機に 社会

訪問代替、野川地区で

10月16日号

運動会に向け「意見箱」

稗原小

運動会に向け「意見箱」 教育

各方面からアイデア募る

10月9日号

「医療に寄付」3千万円超

ふるさと納税

「医療に寄付」3千万円超 社会

市、税収流出に歯止め

10月9日号

閉店セール 12月31日まで!

金・プラチナ高価買取も2020年12月31日まで!見積り無料

044-833-6891

川崎市薬剤師会

お薬手帳の上手に使うためのコツあります!

http://www.kawayaku.or.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク