宮前区版 掲載号:2021年2月19日号 エリアトップへ

【Web限定記事】野川中出身 吉野君 二子山部屋入り 向の岡工高から、5月場所デビューへ

スポーツ

掲載号:2021年2月19日号

  • LINE
  • hatena
二子山親方(右)と吉野君=9日
二子山親方(右)と吉野君=9日

 川崎市立野川中学校出身で、県立向の岡工業高校=多摩区=3年の吉野克(すぐる)君(18)が、大相撲・二子山部屋への入門を決めた。2月9日、二子山親方(元大関雅山)が同高校を訪れ、2人で固い握手を交わした。

 向の岡工高から二子山部屋への入門は4人目。昨秋、同級生の許田直希君(18)が一足先に部屋入りし、11月場所でデビューしている。吉野君は「(許田君が)稽古はきついけど楽しいと言っていた。同級生の結果を超えられるように、負けたくない」と思いを吐露。高1のころから吉野君の相撲を見てきたという二子山親方は、「手足が長く背が高いのが第一印象。下半身を鍛え、しっかり土台をつくって上を目指してほしい」と激励した。

中2、勝利が自信に

 市立南野川小から野川中に進み、柔道相撲部に入った吉野君。だが「上半身裸になるのがいやだった」と、当初は相撲を拒んでいた。同部顧問の五十嵐憲教諭は「最初の印象は体が大きくて明るい子。接してみると意外と気が弱いところがあった」と振り返る。

 成長が見られたのは中2の秋。レギュラーの先輩が体調不良となり、2年生ながら大会決勝の舞台に立つと、白星をあげる活躍を見せた。「そこから自信をもって相撲をとるようになった」と五十嵐教諭。二子山部屋入門の知らせに、「まずはけがなくしっかり稽古に励んでほしい。幕内に昇進できるような関取に」と期待を寄せる。

「真面目」「やると決めたらやる」

 野川中時代から稽古で通っていた向の岡工高では、1年の2月からレギュラーに。腰のけがもあったが、2年秋の県大会で無差別級優勝など力をつけてきた。活躍が期待された矢先、コロナ禍に。練習はままならず、目標のインターハイもなくなった。相撲部の清田英彦監督は「真面目な姿勢が結果を生んできた。3年で彼の成長を見られずに残念だが、まだまだ未完成な体。前に出る素質がある」と鼓舞する。

 現在、身長183センチ、体重123キロの吉野君。埼玉県の同部屋入りを決めたのは昨年12月。父親の建設業を継ぐことも考える中、実際に稽古を見て決心した。母親の優子さん(41)は「心配だけど、やると決めたらやる子。努力を惜しまず頑張ってほしい」と思いを話す。

 今月26日の新弟子検査を経て、デビューは5月場所予定。「親方のように強くなって、まずは大関。そして横綱に」。決意を胸に、まい進する。
 

宮前区版のトップニュース最新6

「ご近助さん」を事業化

宮前区予算案

「ご近助さん」を事業化 社会

つながりづくり拡充へ

2月26日号

「区民会議」刷新 案示す

川崎市

「区民会議」刷新 案示す 社会

2024年度、本格始動へ

2月26日号

池田君(宮前平小5年)スカッシュでアジアランキング1位

【Web限定記事】

池田君(宮前平小5年)スカッシュでアジアランキング1位 スポーツ

男子ジュニアで日本人初

2月19日号

吉野君 二子山部屋入り

【Web限定記事】野川中出身

吉野君 二子山部屋入り スポーツ

向の岡工高から、5月場所デビューへ

2月19日号

コロナ対策に217億円

川崎市予算案

コロナ対策に217億円 社会

追加予算見据え、経営支援

2月12日号

地域への思い冊子に

平瀬川

地域への思い冊子に 文化

協議会が特別号作成

2月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月26日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク