宮前区版 掲載号:2021年4月16日号 エリアトップへ

川崎市連合遺族会の会長として戦争の悲惨さを伝える 安齊 久男さん 西野川在住 84歳

掲載号:2021年4月16日号

  • LINE
  • hatena

「慈愛」胸に平和を後世へ

 ○…忘れもしない野川小学校2年生の時だ。「セブ島ニ於テ戦死セラレ候」と書かれた、父の死亡告知書が届いた。ポツポツと戦地から帰ってくる元兵士の中に、それでもなお父の姿を探した。届いた骨壺は軽かったが、中は確認しなかった。享年37。「負け戦と分かっていても、いかなくてはならなかったんだろう」と忍ぶ父との思い出は、自転車に乗せられて病院へ行ったくらいしか残っていない。

 ○…五百年、代々野川の谷戸に居を構える農家。父が亡くなり祖父に育てられた。早くに結婚し、高度成長期に田園都市線や第三京浜が通り、一気に変わりゆく野川を見守ってきた。遺族会は県副会長も務め、県代表としてフィリピンで天皇皇后をお迎えしたこともある。保護司や町会長、ライオンズクラブ会長なども歴任。褒章の話もあったが、多忙な毎日で空けた家を、畑仕事や不動産の管理もこなし支えてくれた妻が体調を崩し、看病のため辞退。昨年3月に亡くなる半年前には、娘と妻の車いすを押しながら佐渡ヶ島を巡った。「毎年のように旅行に行ったなあ」と60年寄り添った思いを巡らせ目を細める。

 ○…遺族会は近隣の先輩の影響で入会。ほとんどが戦死者のきょうだいなどで、遺児として、また「他の農家よりは時間があったから」と話のある役はほぼ引き受けた。遺族会会長を務め13年、毎年慰霊式を執り行う。昨年のコロナ下でも「慰霊の灯を消せない」と、市仏教会などの協力を得て縮小開催し、英霊らの冥福を祈った。気にかかるのは会の高齢化。年に50人のペースで会員は減少し、他市では解散した団体も。次世代へつないでいこうと、青年部を立ち上げるなど策を打つ。「戦争の記憶を、後世に伝えていかなくては」

宮前区版の人物風土記最新6

杉山 哲男さん

宮前消防署の署長に就任した

杉山 哲男さん

中原区在住 55歳

4月30日号

南 昭子さん

宮前区役所の区長に就任した

南 昭子さん

鎌倉市在住 57歳

4月23日号

安齊 久男さん

川崎市連合遺族会の会長として戦争の悲惨さを伝える

安齊 久男さん

西野川在住 84歳

4月16日号

古川 由美子さん

民間枠の聖火ランナーとして大磯町を走る

古川 由美子さん

土橋在住 56歳

4月9日号

岡野 正志さん

宮前図書館の館長を務める

岡野 正志さん

宮前平在勤 59歳

4月2日号

北村 清士さん

ヨネッティー王禅寺でパステル画教室の講師を30年務める

北村 清士さん

菅生ヶ丘在住 83歳

3月26日号

【川崎市】新型コロナウイルス

ワクチン接種などの情報を随時更新中 接種券の発送日等が変更になりました。

https://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-5-15-5-0-0-0-0-0-0.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter