宮前区版 掲載号:2021年7月16日号 エリアトップへ

電車とバスの博物館 B棟をシェアオフィス化 8月から個人向けに

社会

掲載号:2021年7月16日号

  • LINE
  • hatena
モハ510形の車内(同社提供)
モハ510形の車内(同社提供)

 東急電鉄は8月1日から、宮崎台駅徒歩2分にある「電車とバスの博物館B棟」を個人向けシェアオフィス化する。暫定活用期間は1年。開業に向け電車の客席や飛行機の操縦席でデスクワークができる環境を整備中。

 コンセプトは「大人がワクワクするアミューズメントシェアオフィス」だ。「このシェアオフィスでは、普段は味わえない電車の客席や飛行機の操縦席でデスクワークができます」と同社の広報担当者。アウトドア仕様エリアでは、外で働いているような開放感を演出するという。

 Wi-Fiやコンセント、飲食・ウェブ会議スペースを完備。座席数は30席。営業時間は毎週木曜と年末年始を除く午前9時30分から午後5時まで。利用料金は1時間200円(1日最大1000円)で、専用アプリの登録が必要となる。

 同博物館は昨年2月から、新型コロナウイルスの影響で休館となっていた。同社は施設の有効活用を進めようと、5月にプロジェクトを発足。テレワークに着目し、個人向けに働く環境を提供する「シェアオフィス」事業をスタートすることを決定した。

 B棟はこれまで、プラレールパークや運転体験ができるシミュレーター、東急の旧型車両、旅客機頭部などを展示。現在は8月1日の運用開始に向け整備中だ。旧池上駅や戸越銀座駅で使用していた廃材を再利用するなど、環境負担軽減にも取り組む。

 また、同社は7月12日から、武蔵小杉駅(中原区)と長津田駅(横浜市緑区)でも、旧定期券うりばを暫定活用した個人向けシェアオフィスの提供を開始。「新しい生活様式にしなやかに対応し、時代に即した社会価値の持続的な提供を目指します」とコメントしている。
 

YS-11の機内(同社提供)
YS-11の機内(同社提供)

市民後見人になりませんか

8月2日午後2時~川崎市産業振興会館 8月6日午後2時~川崎市総合自治会館

http://www.csw-kawasaki.or.jp/contents/hp0110/index00790000.html

<PR>

宮前区版のトップニュース最新6

「アーカイブ展」スタート

自動車文庫特別企画

「アーカイブ展」スタート 文化

4カ所で区の歴史共有

7月1日号

個人大賞に吉永さん

花と緑のコンクール

個人大賞に吉永さん 社会

庭提供、地域交流の場に

7月1日号

初年度の申請率53.9%

町会応援補助金

初年度の申請率53.9% 経済

市、事例示し利用促進へ

6月24日号

宮前と都筑で新19区

衆院区割り案

宮前と都筑で新19区 政治

市長「市の一体性欠く」

6月24日号

宮前に芋苗500株

山形在住本木さん

宮前に芋苗500株 文化

出稼ぎの地へ、交流に期待

6月17日号

こすもす企画を始動

市民団体

こすもす企画を始動 社会

区の花、各地で「種まき」

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月1日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook