宮前区版 掲載号:2021年11月5日号 エリアトップへ

衆院選神奈川18区 自民・山際氏が6選 本人不在も盤石の戦い

政治

掲載号:2021年11月5日号

  • LINE
  • hatena
当選確実の報を受け万歳する山際氏(中央)
当選確実の報を受け万歳する山際氏(中央)

 第49回衆議院議員総選挙の投開票が10月31日に行われ、神奈川18区(高津区・神木本町1〜5丁目を除く宮前区・中原区の一部)は、自民党の前職・山際大志郎氏(53)が、6回目の当選を果たした。投票率は前回を6・01ポイント上回る57・25%だった。

 今回の衆院選は、岸田内閣で初入閣した山際氏に、野党統一候補として立つ立憲民主党の元職・三村和也氏(46)が挑み、日本維新の会の新人・横田光弘氏(63)が追う構図となった。

 山際氏は、組織力と実績を生かした選挙戦を展開。公務や全国各地での応援演説のため、ほとんど地元入りの機会はなかったものの、経済再生相として上がった知名度を生かし、次点と約3万票差をつけて勝利した。

 午後8時に開票速報で「当選確実」が報じられると、溝口の選挙事務所に集まった約50人の支援者から大きな歓声が上がった。駆け付けた山際氏は、到着を待ち望んだ支援者らと拳を突き合せて喜びを分かち合った。「今回の戦いはまさにチームによる勝利だ。今回ほど仲間の力を信じ、仲間の大切さを痛感した戦いはなかった」とあいさつ。6回目の国政については「これでやっとスタートラインに立った。粉骨砕身、全力で日本の経済を立て直すことにまい進していきたい」と決意を述べた。

 三村氏は「コロナ禍から国民を守る政治」を訴え、政権批判票の集約を図ったが、次点。重複した比例南関東ブロックでの議席獲得もならなかった。「当選に届かなかったのは私の力不足。前回よりも票を伸ばしたことを重く受け止め、いただいた付託を胸にこれからも歩んでいきたい」と総括した。

 横田氏は「第三極」を掲げ、第6波に備えたコロナ対策や経済の立て直しなどを訴えたが、及ばなかった。「選挙戦を通じて多くの激励をいただき、維新としての流れは作れたと思う。自公の過半数割れが達成できなかったのは大きな反省点」と振り返った。

 18区合計の投票率(小選挙区)は57・25%。過去最低だった前回2017年の選挙より6・01ポイント上昇。神木本町1〜5丁目を除く宮前区の投票率は、58・01%で、前回より6・07ポイント上がった。

宮前区版のトップニュース最新6

宮前区、充足率96.6%

民生委員児童委員

宮前区、充足率96.6% 社会

市内最高 4者連携が機能

5月20日号

節目50回「挑戦」テーマに

宮前フィル演奏会

節目50回「挑戦」テーマに 文化

団員70人「根付かせたい」

5月20日号

保留児童242人

宮前区

保留児童242人 社会

前年比68人減

5月20日号

ご当地ソング制作へ

区内作曲家長谷川弓子さん

ご当地ソング制作へ 文化

「永劫愛されるものに」

5月13日号

信徒監修「飲食店を元気に」

等覚院周辺グルメマップ

信徒監修「飲食店を元気に」 文化

祈祷を縁に制作

5月13日号

片山さん 総務大臣表彰

行政相談委員

片山さん 総務大臣表彰 社会

区長に報告「宮前の宝」

5月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook