宮前区版 掲載号:2021年11月12日号 エリアトップへ

ダンスクラブはるいずむ 創部11年で全国初V 動画で意識強化 念願叶う

スポーツ

掲載号:2021年11月12日号

  • LINE
  • hatena
優勝し笑顔の選手ら=提供写真
優勝し笑顔の選手ら=提供写真

 菅生、稗原地区の小中学生が中心に活動するダンスクラブ「はるいずむ」(久木晴代代表)が、9月18日に行われた全国こどもチャレンジカップ第14回リアル全国大会アクティビティ部門で優勝。新型コロナの影響でチーム全員が揃わない中、動画を活用するなど工夫を凝らし創設11年で初めて全国を制した。

 会場で踊りを披露する「リアル」に加え、撮影した動画を審査する「動画」の両大会が同時開催。全国各地の動画予選を勝ち抜いたダンスクラブ計64団体が参加した。

 同クラブは大田区総合体育館(東京都)で行われたリアル大会で、動きの激しさや快活さを競うアクティビティ部門に出場した。13人のメンバーは、1分45秒の演技時間内で「アナ雪」をモチーフにジャズや新体操の動きを取り入れたダンスを披露。14団体がエントリーする中、両大会同部門で今大会最高得点を記録し、初の栄冠を手にした。

 小学生リーダーを務める阿部彩羽さん(菅生小5年)は「優勝できうれしい。指先や姿勢、身体の丁寧な動きを意識した成果が出せた」と笑顔で優勝の喜びを語る。

合同練習減も時間外を活用

 彼女らは週2回、菅生小学校体育館で約2時間練習に取り組むが、分散登校などの影響で練習時間が減少。踊りを全員で合わせる機会が激減した。久木代表は全体練習に代わり、個人での基礎練習を強化。動画を撮影し、選手らが練習時間外に視聴。反省点を洗い出すなど、時間の活用と意識強化に努めた。

 同チームの強みは「オリジナリティ」。新体操経験のある久木代表がアクロバットなダンスを考案し、選手らが表現するという。今大会でも強みを遺憾なく発揮し、高校生も出場する中で結果を残した。

 久木代表は「コロナに負けず基礎練習を強化し、良い結果が出せた。よく頑張ってくれた」と教え子たちを称えた。

宮前区版のトップニュース最新6

トンガ離島に募金協力を

宮前区支援団体

トンガ離島に募金協力を 社会

水インフラ復旧急務

1月28日号

都市緑化フェア川崎で

市制100周年

都市緑化フェア川崎で 文化

正式決定 主会場に3大公園

1月28日号

特別養子縁組、普及に尽力

五所塚在住浅賀さん

特別養子縁組、普及に尽力 社会

「お話会」で経験語る

1月21日号

節目の10年 思い込めて

みやまえ情報ラボ

節目の10年 思い込めて 文化

市民記者が区長訪問

1月21日号

コロナと経済 両立めざす

黒岩知事インタビュー

コロナと経済 両立めざす 社会

反転攻勢に強い意欲

1月14日号

新成人2287人

宮前区

新成人2287人 文化

時短3部制で式典

1月14日号

賃貸オーナー様 大募集!

宮前区で42年の実績・満室の実現・クレーム迅速対応 電通ハウジング

http://den2h.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook