宮前区版 掲載号:2021年11月19日号 エリアトップへ

鷺沼ロータリークラブの奨学生で、細胞学の研究に励む ジョン ジエイさん 世田谷区在住 26歳

掲載号:2021年11月19日号

  • LINE
  • hatena

「社会貢献」へ 飽くなき探究心

 ○…鷺沼ロータリークラブ(以下RC)の米山記念奨学生として、11月10日に行われた例会で講師として登壇した。自身が日夜励む研究の意義と現状を『骨格筋の最先端科学』と題し発表。クラブ員たちは健康長寿社会の鍵となる内容に、熱心に聞き入っていた。「日本語での発表に、少し緊張しちゃったかな」と振り返った。

 ○…韓国ソウル市生まれ。体を動かすことが好きで器械体操に励み、大学時にはスタントチアリーディングの韓国代表に。周りはコーチなどの道を目指す中、心臓の弱い弟がいたこともあり、医療の研究分野へ。国家奨学生として国立スポーツ科学センターで研究に励んだ。韓国大手メーカーでも研究員を務めたが、飽くなき探究心から来日し、日本体育大学大学院で研究に没頭する毎日。「健康医療で社会に貢献したい」

 ○…はじめて訪れたRCの例会場所は、当時は鷺沼の春待坂にあった。「素敵な名前。通学時に車窓から覗くだけでなく、桜の季節にまた来たいな」。グルメ旅が息抜きで、コロナが開けたら「観光客が行かないような店に行ってみたい」と夢は広がる。何度も日本へ一人旅に訪れていたが、流暢に話す日本語は、2019年に来日してから覚えた。コロナ禍で会話の機会が減り「どんどん話せなくなった」と振り返るが、「いろんな人が気に留めて声をかけてくれた。限りない優しさに触れた、感謝を伝えたい」。

 ○…「あと3年で研究の結果を出したい」。目指すのは遺伝子分野の専門家。当分は帰国するつもりはなく、「もっと、世界でさまざまな人と交流して色んな見方をし、研究を続けたい」と決意は固い。溢れ出る探究心に、とどまることのない情熱を注ぐ。

宮前区版の人物風土記最新6

横山 晃喜さん

雅楽団体の一人として「太鼓ミーティング」のオープニングを飾る

横山 晃喜さん

犬蔵在住 27歳

8月12日号

梶 稔さん

6月28日付で、セレサ川崎農業協同組合の代表理事組合長に就任した

梶 稔さん

麻生区在住 66歳

7月29日号

北野 やす子さん

宮前区赤十字奉仕団委員長を務め、30年の活動を表彰された

北野 やす子さん

宮前平在住 77歳

7月22日号

中島 裕子さん

設立40周年を迎えた宮前区交通安全母の会の会長を務める

中島 裕子さん

神木本町在住 65歳

7月15日号

筒井 昭輔さん

44年前に描いた風景画を鷺沼町会に寄贈した

筒井 昭輔さん

鷺沼在住 91歳

7月8日号

松本 正さん

長崎被爆体験の語り部として活動する

松本 正さん

鷺沼在住 91歳

7月1日号

子の神福祉会便り

地域の福祉をトータルサポート

http://www.fujimiplaza.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 7月15日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook