高津区版 掲載号:2014年3月28日号 エリアトップへ

横田夫妻が東橘中で講演 「家族の大切さ」訴える

教育

掲載号:2014年3月28日号

  • LINE
  • hatena
講演を行う横田夫妻
講演を行う横田夫妻

 東橘中学校(前島和樹校長)で20日、北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの父・横田滋さんと母・早紀江さんを招いた講演会が行われ、同校生徒ら800人が参加した。横田夫妻は拉致問題について語り「親と一緒に生活できること、友達と勉強できることは幸せなことだと感じてほしい」と生徒に訴えた。

 これは橘地区社会福祉協議会(森昭司会長)が毎年主催する「中学生と福祉を語る会」の一環。今年は「親と子のつながり」をテーマに横田夫妻に講演を依頼した。めぐみさんの娘キム・ウンギョンさんとモンゴルで面会後初の講演となった。

 当日は、めぐみさんが13歳の時、部活を終えた帰り道に行方不明になったことや拉致発覚の経緯などが語られた。早紀江さんは「平和な暮らしの中でなぜこんなことに」と当時の心境について語り、「人の命は誰もが大切でお父さんやお母さんに守られている。二度とこのような事件が起こらないよう解決しなければならない」と力を込めた。

 生徒が「めぐみさんが帰った時、何をしてあげたいか」と質問。滋さんは「北海道の牧場に寝っころがせて『自由だ』と実感させたい」と答えた。滋さんは最後に「家族や友達と一緒に生活できることは平和で幸せなこと」と締めくくった。

孫との初対面「不思議な縁」

 また、講演ではめぐみさんの娘キム・ウンギョンさんに対面したことに触れ「(存在を知った時)15歳だった子が26歳になり、10カ月の元気な赤ちゃんを連れてモンゴルで会うというのは、不思議な縁を感じた」と語った。

 同校の女子生徒(1年)は「今の日本では考えられない話だけど、実際に体験した話は現実味があった。親は子どものことを考えていると感じた」と感想を話し、森会長は「生徒に家族の大切さなどを少しでも感じてもらえれば」と話した。

高津区版のトップニュース最新6

“映える”高津を探せ

区とたち農推進会議

“映える”高津を探せ 文化

写真展、SNSで作品募集

7月19日号

中核ホテルと共に30周年

高津区内のランドマーク「KSP」

中核ホテルと共に30周年 経済

節目経て、さらなる発展へ

7月19日号

「医療」「介護」橋渡し10年

高津区認知症連携を進める会

「医療」「介護」橋渡し10年 社会

来月には市民公開講座も

7月12日号

国の文化財 登録へ

二ヶ領用水

国の文化財 登録へ 文化

官民一体 「価値高め、後世に」

7月12日号

区内で患者数急増

手足口病

区内で患者数急増 社会

過去20年、同時期で最多

7月5日号

「楽天シニア」高津で始動

シニア向けスマホアプリ

「楽天シニア」高津で始動 社会

健康寿命延伸などに一役

7月5日号

詐欺電話遮断に本腰

高津警察防犯協会

詐欺電話遮断に本腰 社会

防止機能機器の購入訴え

6月28日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第2話 その4 加藤 孝市さん

    7月19日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク