高津区版 掲載号:2016年1月29日号 エリアトップへ

高津物語 連載第九三〇回 「宇奈根 その二」

掲載号:2016年1月29日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市高津区宇奈根地区は一九一二年町村合併によって宇奈根村本村の東京都世田谷区宇奈根と切り離されて神奈川県川崎市に編入された。その昔は多摩川対岸の世田谷区宇奈根と村政を同じくし、川崎側を土地登記簿謄本に「山野」、「山谷」、「散家」(『新編武蔵風土記稿』)と呼ばれて来た。

 昔から多摩川の川辺に沿って西側に、古くから住む人々がまとまっている。

 東側半分は、川崎市から準工業地域として指定を受けている各種メーカーの工場や倉庫が並んでいる。

 宇奈根地区の生業は、さまざまに変化しているが、昔から宇奈根村の河原氏が養蚕を、昭和二年頃から始めていたという。ほとんどの家が、養蚕・桃や梨の果樹栽培に携わった。桃はオオクボ・ハクトウ・ハクオウ・タチバナ・デンジュウロウの品種が作られ、中でもオオクボが多く栽培されタチバナは桃の早生だった。

 梨は長十郎・二十世紀が主に栽培されていたが、戦時中、この地を訪れた東条首相の一言で、みんな伐採された記録が残っている。

 昭和二十年か十年代に掛けて養鶏に携わる家は8軒の軒を数えた。

 その他砂利採取事業等が主なものであった。

 河原家総本家は、細川屋敷に出入りし、薪炭指定業者だった誇りがある。

 河原金藏家は宇奈根の「河原コンクリート」「河崎組」「河原工務店」と協同で、三つの「河」を合わせた「三河組」を立ち上げたことがあった。

 土木事業や、川普請、道路工事を請け負ったという。

 高津消防団団長の河原金藏さんの父君は宇奈根村本村の世田谷区立砧小学校まで、多摩川の「宇奈根の渡し」で渡って通学したという。雨の日、雪の日も着物を頭に乗せて多摩川「宇奈根の渡し」を越して行き、大水の日以外は休まず、精勤賞を貰ったことが自慢だったそうだ。

 明治の終わり迄、東京都世田谷区であった川崎市高津区宇奈根、総本家の古文書が「風呂の焚きにされてしまった」事は、何とも残念だ。

高津区版のコラム最新6

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第2話 その1 加藤 孝市さん

6月21日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第1話 その4 英 径夫さん

6月14日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第1話 その3 英 径夫さん

6月7日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第1話 その2 英 径夫さん

5月31日号

区長かわら版

区長かわら版

このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

5月31日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第1話 その1 英 径夫さん

5月24日号

区長かわら版

区長かわら版

このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

4月26日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

心身清める大祓え

溝口神社

心身清める大祓え

30日 午後4時から

6月30日~6月30日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第2話 その1 加藤 孝市さん

    6月21日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第1話 その4 英 径夫さん

    6月14日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク