高津区版 掲載号:2017年8月25日号 エリアトップへ

市政報告 ゆきとどいた教育のため少人数学級の拡大を 日本共産党川崎市議会議員 石田和子

掲載号:2017年8月25日号

  • LINE
  • hatena

 今年度、県費負担の教職員給与費等が政令市に移管され、個人住民税の所得割2%が、県から政令市に財源移譲。義務教育の学級編成基準、教職員定数を定める権限も移譲されました。

 現在、国の法律・制度、予算措置により小学1・2年生の35人学級は全国共通ですが、多くの県、自治体が独自に少人数学級の学年を拡大しています。

 政令市でも、移管を機に少人数学級を継続、拡充する自治体が増加。浜松市は新潟市と同様に全学年35人学級を継続、さらに小学1・2年を30人学級に、千葉市は小学3・4年も35人にするなど拡充は13政令市に広がりました。

 私たちは、川崎でもゆきとどいた教育実現のため全学年の35人以下学級を!移管を機にせめて小学3年と中学1年に拡大すべきと取組んできました。しかし、市は国による小学1・2年生だけとし、国からの加配教員を有効に活用(どの学年で少人数学級か少人数指導かなどを選択)するに留まりました。これまで、学年により少人数学級を選択、実践したどの学校からも「学習面だけでなく生活指導も目が行き届く」「クラスが落ちついた」「子どもがよく発言するようになった」など教育効果が市教委へ報告されています。市の学級編成権を生かして、川崎市も小学3年生以上に35人以下学級を拡大するよう引続き取組みます。

石田 和子

日本共産党川崎市議団 川崎区宮本町1 川崎市役所第2庁舎7階

TEL:044-200-3360

http://www.ishida-kazuko.jp/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

「10年で5倍に急増?」児童虐待相談・通告件数

数値でみる川崎と高津No.49 シリーズ

「10年で5倍に急増?」児童虐待相談・通告件数

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

6月7日号

令和時代を考える

衆議院議員 やまぎわ大志郎・自民党

令和時代を考える

6月9日 ホテルKSPで国政報告会

5月31日号

二期目の議会を迎えて

志高く真摯に市政へ 市政リポート㊶

二期目の議会を迎えて

川崎市議会議員 さいとう伸志

5月24日号

令和新時代「動く、進める。」

自民党 川崎市議会議員 青木のりお 市政報告

令和新時代「動く、進める。」

5月1日号

「くにこ」の県庁見聞録

連載220回

「くにこ」の県庁見聞録

ケガに思う

5月1日号

平成時代〜失われた30年?

数値でみる川崎と高津No.48 シリーズ

平成時代〜失われた30年?

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

5月1日号

下げ止まらない投票率は、なぜ?

数値でみる川崎と高津No.47 シリーズ

下げ止まらない投票率は、なぜ?

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

4月19日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

心身清める大祓え

溝口神社

心身清める大祓え

30日 午後4時から

6月30日~6月30日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第2話 その1 加藤 孝市さん

    6月21日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第1話 その4 英 径夫さん

    6月14日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク