高津区版 掲載号:2017年12月8日号
  • googleplus
  • LINE

連載第一〇二四回 「多摩川大洪水」 高津物語

 幸いにも、今の人たちは多摩川の大洪水を知らない。

 こう書いている私自身も、経験したことがないのだ。

 おそらく現在の高津区では誰も知らないだろう。

 一二〇歳の年齢の人がいれば知っていたかもしれないが、誰も知らない。

 知らないという事実は、善いことなのか、悪いことなのか、今の私には判断する材料もない。

 考えてみると、多摩川の氾濫を知らない等と言って、陽気に構えていると、多摩川の洪水があるかもしれないのだ。

 災害は忘れた頃にやってくるという。

 災害の恐ろしさは、肝に銘ずるべきだと思っている。

 といって、災害のことを話し合う人も一人もいない等と思っていたら、ありがたいことに、本紙に掲載した写真と本文を見て、当時の写真の掲載誌のコピーをお送り頂いたのだ。

 送って頂いたのは横浜市緑区十日市場町の相沢雅雄さんで、私の母の弟の子―私の従兄弟で『タウンニュース』高津区版をインターネットで読んでは批評してくれる頼もしい助っ人だ。

 その写真の説明に「玉川二子の渡 大洪水ノ光景」という説明書きがある。

 頂戴した書簡には、「『高津物語』第一〇二二回、『多摩川の大洪水対策』拝読いたしました。大洪水被害が各地で発生したことは、今日多くの人たちが知っていないと思います。このように記事に取り上げ、先人の苦労を知ることも大切かと思います。当時の新聞をご存知のことと思いますが、御参考までにお送りいたします。御笑覧下さい」とあった。

 私は知らなかった。相沢さんの説明によると、手紙には明治四五年五月一八日の消印があるという。

 貴重な史料である。

高津区版のコラム最新6件

高津物語

連載第一〇三三回 「高津町の近代化」

高津物語

2月16日号

高津物語

連載第一〇三ニ回 「多摩川大洪水の後」

高津物語

2月9日号

高津物語

連載第一〇三一回 「高津文化の原点」

高津物語

2月2日号

高津物語

連載第一〇三〇回 「多摩川大洪水」

高津物語

1月26日号

高津物語

連載第一〇二九回 「高津町の転換」

高津物語

1月19日号

高津物語

連載第一〇二八回 「街道の高層化」

高津物語

1月12日号

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

合計300歳超えの歌声

グルービー・グランパーズ

合計300歳超えの歌声

18日、高津区で記念公演

2月18日~2月18日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇三三回 「高津町の近代化」

    高津物語

    2月16日号

  • 高津物語

    連載第一〇三ニ回 「多摩川大洪水の後」

    高津物語

    2月9日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク