高津区版 掲載号:2018年3月9日号
  • googleplus
  • LINE

連載第一〇三六回 「岡本かの子と老妓」 高津物語

 「年々に、わが悲しみは深くして、いよよ華やぐいのちなりけり」―この歌は岡本かの子晩年の小説『老妓妙』の主人公はもとより、そのままかの子の心境を端的に表している。

 岡本一平によると、この短歌が先にできて、次に老妓のタイプと性格が発想され、作品への組み立てとなったらしい。

 「この短歌が作品から離れても、かの子の心境を表しているのはそうした理由による。余命いくばくかの今日、来し方をふりかえり、人間として、女をとしての悲しみはいよよ深まる。その悲しみは一体どこから来るのか。悲しみと共に増す生の華やぎとは一体何か。悲しみとは老妓のいう「今までの生活にパッションとやらが起こらずに過ごされてきた」ことにあるのかもしれない」(『岡本かの子』福田清人編、清水書院)

 「年々に、わが悲しみは深くして、いよよ華やぐいのちなりけり」―かの子自身華やぐ命を認めながら、それが故に苦悩したらしい。

 人生への憂愁、あるがままの人生を、あるがままの自己を認めようと一度は決意したかの子ではあった。しかし、それでも生命に対するあくなきまでの執着は募った。生命の火はかくまでも執拗に人をして追及し、深く燃え続けるものなのだ。

 老妓の生への執着が強ければ強いほど、老妓の生への真摯な態度と姿勢が読者に伝わってくる。老妓の最後まで、死を恐れることなく迎え入れようとする心の余裕は、生への強調と執着の強調にあり、生の大切に生きる姿勢だった。

高津区版のコラム最新6件

高津物語

連載第一〇四六回「高津物語22年」

高津物語

5月18日号

高津物語

連載第一〇四五回「連休に兄二人を想う」

高津物語

5月11日号

高津物語

宮前区・高津区特別編

高津物語

5月4日号

高津物語

連載第一〇四三回「文化の殿堂オープン」

高津物語

4月27日号

高津物語

連載第一〇四二回「石敢當の由来」

高津物語

4月20日号

高津物語

連載第一〇四一回「ラジオ深夜便の反響」

高津物語

4月13日号

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

身近なもので科学実験

身近なもので科学実験

市民プラザ 小学生対象

6月9日~6月9日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    連載第一〇四六回「高津物語22年」

    高津物語

    5月18日号

  • 高津物語

    連載第一〇四五回「連休に兄二人を想う」

    高津物語

    5月11日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年5月18日号

お問い合わせ

外部リンク