高津区版 掲載号:2018年4月27日号 エリアトップへ

連載第一〇四三回「文化の殿堂オープン」 高津物語

掲載号:2018年4月27日号

  • LINE
  • hatena

 大山街道溝口の高層ビル化に辟易していたところ、「nokutica」という「溝の口から始める」をテーマに「90年間朝から晩まで毎日、動き続ける溝の口に寄り添ってきた建物を基点に、新しい文化を作り出す。たくさんの人がつながり、ここから広がり、この溝の口を輝かせる場所に!」をスローガンとした文化サロンがオープンした。

 下作延1の10番地の鈴木医院が長年空き家だったのに着目し、改装工事を行って今年オープンした。

 1階入り口左に受付があり、受付右側には二坪喫茶の「アベコーヒー店」がある。

 1階左奥に旧診察室の会議室があり、古き良き時代が偲ばれ、品の良い庭に面した和室は、かなりの人数を収容できる。北側の和室と階段下の小部屋も、使い勝手が良さそうだった。

 そんな訳で評判も良く、日々ほぼ満杯という話で、評判の良さが徐々に侵透しているという話だ。

 但し、音楽のコーラスや楽器などは、音楽設備がないので使用できないが、各種会議や会合には最適と思われる。

 庭については、今の所貸切の要望はない模様だが、野立てなど、「茶道」の活用も充分可能だと思った。

 『高津物語』で触れた平瀬川と多摩川の洪水は、明治末年の話で、今は何の心配もないとのこと。

 ちなみに、改装にあたって家屋の土台に大量の土砂を入れ、土台補強をしたとの由である。

 市民の文化活動に高津市民館が満杯の状況が続く中、良い物に感謝だ。

高津区版のコラム最新6

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第2話 その4 加藤 孝市さん

7月19日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第2話 その3 加藤 孝市さん

7月5日号

区長かわら版

区長かわら版

このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

6月28日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第2話 その2 加藤 孝市さん

6月28日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第2話 その1 加藤 孝市さん

6月21日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第1話 その4 英 径夫さん

6月14日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第1話 その3 英 径夫さん

6月7日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第2話 その4 加藤 孝市さん

    7月19日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク