高津区版 掲載号:2018年5月25日号 エリアトップへ

(PR)

食中毒で手足が麻痺することも 取材協力/宮川クリニック

掲載号:2018年5月25日号

  • LINE
  • hatena
久保田医師(中央)と同院スタッフ
久保田医師(中央)と同院スタッフ

 6月から9月は細菌による食中毒が増える。宮川クリニックの久保田医師に症状、治療、予防について話を聞いた。

 細菌による食中毒としてカンピロバクターに気をつけたい。

 カンピロバクターによる食中毒は子どもの細菌性腸炎の15〜25%と原因菌の中で最も多い。加熱不十分な肉類(鶏肉や豚肉)や加工品(ソーセージなど)からの感染が多く、少量の菌量で発症するため、鮮度の良し悪しと関係なく発症する。

 主な症状は下痢で4割ほどに血便もみられる。1週間以内に改善することが多いが、2〜3割は2週間程度遷延することもある。胃腸炎から2〜3週間後に手足に力が入りにくくなるギランバレー症候群といった合併症をきたすことがあり、後遺症を残すこともある。

 胃腸炎症状が軽症であれば、経口補水液の摂取や整腸剤内服などの対症療法を行い、発熱、血便、激しい下痢など重症の時は入院して抗菌薬治療をする場合もある。

 予防は生肉摂取を控え、十分に加熱することが重要。

 「カンピロバクターは十分な加熱(中心部75℃以上、1分間以上加熱)でほぼ死滅すると言われます。生肉を扱った包丁やまな板でそのまま野菜など調理せず、使用した調理器具は、洗剤で洗い、熱湯消毒して下さい」

宮川クリニック

川崎市高津区諏訪1-3-15

TEL:044-844-9058

http://miyakawa-clinic.jp/index.html

閉店セール 12月31日まで!

金・プラチナ高価買取も2020年12月31日まで!見積り無料

044-833-6891

<PR>

高津区版のピックアップ(PR)最新6

成建の「抗ウイルス住宅」

成建の「抗ウイルス住宅」

様々な対策が施された 新仕様モデル66万円/坪

10月30日号

成建の「抗ウイルス住宅」

成建の「抗ウイルス住宅」

様々な対策が施された 新仕様モデル66万円/坪

10月30日号

弁護士らによる無料相談会

11月7日(土)

弁護士らによる無料相談会

先着8組 川崎市高津市民館

10月30日号

介護アシスタントの就業支援

川崎市

介護アシスタントの就業支援

無料で入門的研修と仕事紹介

10月30日号

失敗しない補聴器えらびをサポート

失敗しない補聴器えらびをサポート

認定技能者が叶える「快適な聞こえ」

10月30日号

川崎市 介護資格取得を支援

川崎市 介護資格取得を支援

無料で取得 説明会を実施

10月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月30日号

お問い合わせ

外部リンク