高津区版 掲載号:2018年6月29日号 エリアトップへ

連載第一〇五一回「ラジオ深夜便に出演」 高津物語

掲載号:2018年6月29日号

  • LINE
  • hatena

 タウンニュース『高津区版に連載を始めたのは、私が六十歳になる平成八年五月二三日、高津区版創刊と同時のことだった。

 元来、書くことは嫌いでなかったが二十年間毎週書く運命になろうとは、正直予想もしなかった。

 結果として、二十年間黙然と書き続けたということが、NHKラジオ深夜便のスタッフに奇異に思われ、結果「ラジオ深夜便」出演となったと思っている。

 録音は高津市民館グループ室だった。立合者は文化協会事務局の田村富彦氏、聞き手はラジオ深夜便の川野一宇アナウンサーである。

 最初川野さんは、私の対面に居たが、「では初めます」と言って立ち上がり、私の斜め後方に立って、質問が始まった。まるで警察の事情聴取の場の様で、私は慌て恐怖を感じた。誘導尋問のように、質問が次々にきて、私はハラハラドキドキしながら懸命に答えている。

 中・高校と毎朝礼拝があり、賛美歌を歌った経験が私の声帯を鍛えたのか、八十歳を過ぎた今でもボーイソプラノの美しい声のままで、良く通るのは幸いだ。

 川野さんは色々な事を訊ねられた。

 私の現職時代、赤い自転車で区内を駆け回り、区内の企業に郵便局の給与預入をセールスして回った話をした。今は無き「東京フーズ」や「嶋崎文教堂」「旭ダイヤモンド」「信愛製作所」等が導入して下さった企業であるが、社名は伏せたが、いつも自転車で外に出ていたと思う。偶然に『高津物語』を書き始めて、私の人生は変わってしまったが、こうして毎週原稿を書いて健在ぶりを証明できるのは有難き幸せと感謝しているこの頃だ。
 

高津区版のコラム最新6

GO!GO!!フロンターレ

GO!GO!!フロンターレ

GO!GO!!フロンターレ

区長かわら版

区長かわら版

このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

3月26日号

教えて!職人さん

教えて!職人さん

vol.14 外壁塗装の素朴な疑問に答えます!【2】

3月26日号

意外と知らない!?ボウリングの魅力

地元・溝口「ムサシボウル」所属プロがQ&Aで解説!

意外と知らない!?ボウリングの魅力

第5回 「上達のための3カ条」について

3月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク