高津区版 掲載号:2018年8月17日号
  • LINE
  • はてぶ

連第一〇五七回「二子新地の誕生」 高津物語

 大正一四年七月に「二子橋」ができた。長さ四四〇米、脚橋二三基である。

 玉川電車が二子橋を通って溝口まで来ると、東京側の岸辺には料亭が立ち並び、屋形船を浮かべて川遊びに興じた。当然、川崎側にも花街ができた。三業地―料亭・待合・芸者置屋、二子新地の誕生である。料亭「仙寅」の創業は、大正八年頃で始め、川向うの東京側で店を構えていたが、大正十五年、昭和元年に二子に移ってきたという。多摩川の船遊びが盛んなのは東京側で、五〇人乗りの屋形船を持っていた。河から離れた川崎側は、川遊びはしなかったという。「仙寅」が来る前の二子は、待合と芸者置屋だけの二業地で、待合だけで五、六〇軒あったという。東京側の料亭で鮎料理を楽しんだ客が二子の渡しを渡って川崎側で遊んだのだろうという。芸者衆も、昭和五、六の最盛期には百人近くいて、それは華やかでしたとか。お客さんは、地方の人より、世田谷方面の人が多くいらしてました…とか。当時は砂利景気に湧いてはいましたけれど、会社関係の人が戦後、地元に会社が増えましたから、今度はほとんど会社のお客様になりました。戦前には五、六〇軒ある待合に皆出前に行ったんです。料亭はうち一軒でしたから。いつも夜二時に看板でしょ。それから洗い物を片付けたりしていると四時なんです。それで朝は九時か十時には、また出前の注文なんです。

 この商売でつらい事なんて余りなかったけれど、出前してた頃は、雪の日に重いおかもちを持っていきながら「早くやめたいね」なんて言ったこともありました。(吉野カツさん談)

高津区版のコラム最新6件

高津物語

連載第一〇七〇回「溝口駅前の変わり様」

高津物語

11月16日号

高津物語

連載第一〇六九回「高津駅前の変貌」

高津物語

11月9日号

高津物語

連載第一〇六七回「多摩川散策」

高津物語

10月26日号

高津物語

連載第一〇六六回「多摩川砂利採掘」

高津物語

10月19日号

高津物語

連載第一〇六五回手描友禅、石渡弘信氏

高津物語

10月12日号

高津物語

連載第一〇六四回「紺屋」

高津物語

10月5日号

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

のくち寄席が20回記念

のくち寄席が20回記念

11月24日 てくのかわさき

11月24日~11月24日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク