高津区版 掲載号:2018年10月5日号
  • LINE
  • はてぶ

連載第一〇六四回「紺屋」 高津物語

 「高津の紺屋」を取り上げて、考察を進めてきた。

 「紺屋」というのは、いわゆる「染め物屋」であるが、いつの頃からか「紺屋」を「クリーニング店」というように変わった。私の家の左隣にも、「水上クリーニング店」があり、親しくした。

 私たちが結婚したての頃に偶然お隣となったので、急に天候が悪化した時など、洗濯物を取り込んでくださったりして有難かった事があった。

 その後、伊豆の方に越して行かれたが、その後お隣は、お米屋さんになり、今再び「クリーニング店」に代わっているから、不思議だ。家の前を通っているのは「府中県道」である。

 幼き日―昭和十年代、私の幼少時代であるが、私は府中街道に耳を押し付けて、車の音を聞いていた覚えがある。今から何十年前のことであるが、その頃の「水上クリーニング店 物干場」の古い写真が残っている。

 街のいろいろな所から、集めてきた写真であるが、懐かしいというよりも、貴重という方が当たっていると、自分でも思う。岩波新書『日本語』三国一郎著に、旧日本帝国陸軍は、全て「音読み」で発音したから「物干場」は「ブッカンジョウ」と発音したと書かれている。そんな習慣を少国民であった私たちは「格好良い」等と思っていたから、好い気なものである。

 家の裏門は、出るとすぐ「府中県道」になっていて、高津消防署があり「火の見櫓」が建っていて、火事の無い時には梯子段に昇らせてもらった楽しい思い出が残っている。お隣の歯医者、菅沼先生が「消防団長」で、千年の木島栄次郎氏が副団長だったろうか、よく遊びに家に来られた楽しい思い出がある。

高津区版のコラム最新6件

高津物語

連載第一〇七〇回「溝口駅前の変わり様」

高津物語

11月16日号

高津物語

連載第一〇六九回「高津駅前の変貌」

高津物語

11月9日号

高津物語

連載第一〇六七回「多摩川散策」

高津物語

10月26日号

高津物語

連載第一〇六六回「多摩川砂利採掘」

高津物語

10月19日号

高津物語

連載第一〇六五回手描友禅、石渡弘信氏

高津物語

10月12日号

高津物語

連第一〇六三回「溝口の染色業」

高津物語

9月28日号

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

のくち寄席が20回記念

のくち寄席が20回記念

11月24日 てくのかわさき

11月24日~11月24日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク