高津区版 掲載号:2018年10月19日号 エリアトップへ

NHK全国学校音楽コンクールで銅賞を受賞した坂戸小合唱団の顧問を務める 中島 はるみさん 坂戸在勤 58歳

掲載号:2018年10月19日号

  • LINE
  • hatena

音色で語りかける

 ○…「言葉が伝わらなければ歌じゃないよ」と児童たちに熱く語りかける。10年前から坂戸小学校合唱団の指導にあたる。今月7日に開催されたNHK全国学校音楽コンクール(Nコン)に初出場。チームを銅賞に導いたが、「Nコンがゴールではない。来年1月に開かれる東日本大会でも児童たちとベストを尽くしたい」と新たな目標に向かい走り出した。

 ○…Nコンの県予選では5年連続で金賞を取るなど県内屈指の合唱団に育て上げた。だが、Nコン本大会を決める関東甲信越ブロックコンクールでは全国への切符が見えながらも、あと一歩届かないでいた。過去に出場したコンクールの音源を何度も聞き返し、「足りないもの」を模索し続けた。歌声は美しいが全国常連校に比べて滑舌が悪く声量が小さいといった課題点が浮き彫りになり、新たな練習法を考案。チームを一から改革した。

 ○…幸区出身。小学校時代、合唱団に所属。「友達と一緒に歌う楽しさを実感できた自分の原点」と振り返る。高校、大学と洗足学園に進学。幼少期から輝かしい実績を積み上げてきた同級生たちに囲まれながら音楽漬けの毎日を送った。「厳しい7年間だったが、大好きな音楽を辞めようとは一度も思わなかった。今、児童たちに指導できるのは、熱心に教えてくださった先生方のおかげ」

 ○…教え子たちの音楽への関わりは小学校卒業後も続き、なかには音楽大学に進学した卒業生もいる。「合唱団での経験が彼らの人生に役立っていると実感できる瞬間が嬉しい」と語る。子どもたちにはいつも、「大会で優秀な成績を収めることだけが全てではない。純粋に歌を楽しみ、音楽を好きになってほしい」と話している。これからも音楽という芸術を子どもたちの心に奏で続ける。

高津区版の人物風土記最新6

村山 文子 さん

「ステキに映え農フォトコンテスト」で区長賞を受賞した

村山 文子 さん

溝口在住 67歳

2月14日号

菅野 真楠さん

「溝ノ口劇場」2代目支配人に就任した“MAX(マックス)”こと

菅野 真楠さん

千年在住 31歳

2月7日号

石関 武之さん

「第21回NHK全国俳句大会」で約5万作品の中から特選を受賞した

石関 武之さん

北見方在住 78歳

1月31日号

冨田 誠さん

高津区社会福祉協議会の会長に就任した

冨田 誠さん

坂戸在住 71歳

1月24日号

中矢 邦彦さん

古希野球で昨秋全国優勝し、今年連覇を目指す「川崎ブルーソックス」代表の

中矢 邦彦さん

下作延在住 78歳

1月17日号

武笠 太朗さん

地元屈指の「介護スペシャリスト」として各所で活躍する

武笠 太朗さん

坂戸在住 50歳

12月13日号

鈴木 暁子さん

市内自主保育団体のネットワーク組織「ちいくれん」の代表を務める

鈴木 暁子さん

二子在住 34歳

12月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第9話 その2 斉藤 マキ子さん

    2月21日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第9話 その1 斉藤 マキ子さん

    2月14日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク