高津区版 掲載号:2018年12月7日号 エリアトップへ

連載第一〇七三回「平賀栄治【2】」 高津物語

掲載号:2018年12月7日号

  • LINE
  • hatena

 太平洋戦争を経験したと言っても、私は小学校二・三年生であったから殆ど知らない、判らないという部類に入っている。

 言ってみれば、戦争でとても可哀想な運命に入った部類に入ると思う。

 それに対し、平賀栄治が、太平洋戦争の間、全期間を通して、平瀬川・円筒分水・二カ領用水掘削を、たった一人で、黙々と作業を続けていたというのだから、その努力に対して、最敬礼をしなければならないと思う。兎も角も、凄い人なのだ。

 十一月二五日の日曜日に、私は多摩図書館主催の「川崎の歴史・平賀栄治」という題で講演会を行った。一つの机に二人ずつ座って、ほぼ満席であって安心をした。

 マイクは無く、水を飲みながら、地声で二時間喋り続けていた。

 声は中学校・高等学校とミッション・スクールで、毎朝礼拝があり、讃美歌を真面目に歌っていた甲斐があって、今でも自慢ではないが、八十二歳のボーイ・ソプラノの声が持ち味である。

 戦時中、久地の円筒分水に行けば、平賀栄治に遇えたものを、頭から、天で、考えもしなかったのは、何とも残念な気がするが、仕方ない。二カ領用水の現場に行けば、平賀栄治に遇えたものとも思う。それもしなかったのも、何とも愚かな男か、と自分で自分を責めている。

 平賀栄治は学徒動員の学生に命じて、セメントを捏ねたり、塗装したりしたらしい。

 セメントは、神奈川県知事が、特別に供給してくれたこともあって、潤沢に使い切った様だ。平賀栄治のために「日本ヒューム管工業kk」が「津田山駅」に移って来て、現在の「下作延小学校」の土地を全部使って営業していたようである。

高津区版のコラム最新6

区長かわら版

区長かわら版

このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

4月26日号

区長かわら版

区長かわら版

このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

3月29日号

高津物語

連載第一〇八五回「最終の弁」

高津物語

3月1日号

高津物語

連載第一〇八四回「二カ領用水」

高津物語

2月22日号

区長かわら版

区長かわら版

このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

2月22日号

高津物語

連載第一〇八三回「慰霊碑について」

高津物語

2月15日号

高津物語

連載第一〇八二回「日本河川協会」

高津物語

2月8日号

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 5月4日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク