高津区版 掲載号:2018年12月14日号
  • LINE
  • hatena

連載第一〇七四回「若き日々」 高津物語

 「老い」を意識しない。「老い」は若さの延長だとも思っていない。七〇代後半に病気をして退院してから、見違える様に元気になっている。

 理由はよく分からないが、元気そのものなのだ。

 元気の源は…と思い返してみると、思い当たる事が、一つある。

 七〇年も前、私は東京の私立中学に通っていた。

 目黒から都バスがあったが私は歩き通し、一度も都バスを使わなかった。

 当時は家にお金が無くバス代にも困ったから、徒歩通学した―そう思っていたのだが、実は健康の為、親が歩かせた事が、八〇歳の今初めて分かって心から感謝している。

 先日、町歩きをして、私の足の健脚さを、自ら知る機会があり、初めて親譲りの足に、感謝したものである。

 とにかく、少年時代等は、自分を卑下して、隣の畑が美しく見える年代で、五〇年・六〇年先のこと等、誰も考えもしないものだから、とにかく、蔑ろにされるものなのだ。それこそが、本当の事なのに。

 こうして、少年時代の出来事を反芻、反復し自己確認できる事の幸せを昔、青年時代・学生運動をしていた生意気盛りの時代、フッと私の頭をかすめたことがあった。老爺になった自分自身をフッと一瞬振り返る―

若い時代の「安保闘争」のデモ隊の中の一瞬であったかもしれない。

 とにかく、若い時代の思い出が走馬灯のように、私の空想の夢の世界を駆け巡って、一時、収拾がつかない時がある。

 だが、チャペルでお説教を聞き、讃美歌を歌う時、何故か一生懸命であった事を、思い出のアルバムの一ページで思い出している。その証拠に、今の私の声は、何故か当時のままなのだ。

創業52年 株式会社菊池組

℡044-755-7171/川崎市高津区久末2065-3

http://www.kk-kikuchigumi.jp/

<PR>

高津区版のコラム最新6件

区長かわら版

区長かわら版

3月29日号

高津物語

連載第一〇八五回「最終の弁」

高津物語

3月1日号

高津物語

連載第一〇八四回「二カ領用水」

高津物語

2月22日号

区長かわら版

区長かわら版

2月22日号

高津物語

連載第一〇八三回「慰霊碑について」

高津物語

2月15日号

高津物語

連載第一〇八二回「日本河川協会」

高津物語

2月8日号

高津区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 5月4日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

令和の幕明け、笑いで祝う

令和の幕明け、笑いで祝う

溝口でやかん寄席

5月3日~5月3日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク