高津区版 掲載号:2019年3月1日号 エリアトップへ

結成10年を迎えた「高津ドリームス」の監督を務める 飯嶋 隆博さん 溝口在住 57歳

掲載号:2019年3月1日号

  • LINE
  • hatena

白球の原点を伝承

 ○…小学生女子野球チームの指揮官になり8年が経った。「道具を大切に」、「グラウンドでは全力疾走」をチームの合言葉にしている。「技術面で厳しいことは言わないけど、野球に一生懸命取り組む姿勢は持ってほしい」と語る。川崎ジュニアシスターズ軟式野球大会初優勝を目指す。

 ○…高津小、西高津中出身の地元っ子。兄の影響で小学生から野球を始め、高校は東京都の攻玉社に進学。3年時の全国高等学校野球選手権東東京大会では、後にプロ野球で活躍した伊藤昭光さん(元東京ヤクルトスワローズ)がいた帝京などの強豪校を次々と撃破。3番・遊撃手として活躍しチームのベスト4進出に貢献した。卒業後は仕事の傍ら草野球チームでプレーを続けたが、30代後半で大阪への転勤が決まり退団。野球とは疎遠になった。

 ○…40代前半で大阪から戻ると、長男が所属していた少年野球チームの指導を任された。再び野球が生活の一部となり、2011年に高津ドリームスの監督に就任。当初は勝利を意識した厳しい指導も考えたが、小学生時代の指導者が常に口にしていた「楽しもう」との言葉が頭を過った。挨拶などの礼儀は厳しく教える一方、技術面は選手の長所を褒めて伸ばし、自主性を重んじる指導法に徹した。周囲からはよく「鬼から仏に変わったと言われる」と照れ笑う。

 ○…妻、長女、長男の4人家族。大学生の長男も高校まで野球を続けたという。「私の影響かは分からないけど父親として嬉しい」と笑顔がこぼれる。自分が教えたことをドリームスOGたちが後輩に伝授している姿を見ると、言葉では表せない思いが募り感動するという。これからも子どもたちに野球の原点を教え、白球を追いかける楽しさを伝えていく。

高津区版の人物風土記最新6

中沢 大輔さん

多摩川緑地バーベキュー広場の統括責任者を務める

中沢 大輔さん

中原区在住 37歳

10月11日号

三鬼 洋二さん

9月5日付で高津警察署長に就任した

三鬼 洋二さん

溝口在住 56歳

10月4日号

佐藤 征一郎さん

9月29日に開演する「民話オペラ」の総監督を務める

佐藤 征一郎さん

末長在住 79歳

9月27日号

秋元 英樹さん

老舗酒屋の三代目として地域イベントなど精力的に盛り上げる

秋元 英樹さん

溝口在住 49歳

9月20日号

樋口 愛さん

先月、セネガルの文化を伝える「着物ショー」を高津市民館で開催した

樋口 愛さん

久本在住 43歳

9月13日号

矢澤 隼人さん

全国消防救助技術指導会「溺者救助」で入賞したチームのひとり

矢澤 隼人さん

高津消防署久地出張所勤務 26歳

9月6日号

鈴木 浩一さん

開館40周年を迎えた「川崎市民プラザ」館長を務める

鈴木 浩一さん

新作勤務 60歳

8月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

仮装でBBQをしよう

仮装でBBQをしよう

その場で撮影、写真進呈

10月19日~10月27日

高津区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その4 山田 義太郎さん

    10月11日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その3 山田 義太郎さん

    10月4日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第5話 その2 山田 義太郎さん

    9月27日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク