高津区版 掲載号:2019年10月4日号 エリアトップへ

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる まちのこぼれ話 第5話 その3 山田 義太郎さん

掲載号:2019年10月4日号

  • LINE
  • hatena

◆戦争のこと2

 サツマイモの室(むろ)を防空壕にして入っていましたよ。15、16人は入れる広さだったね。終戦は14歳の時でした。もう少し戦争が続いていたら私も徴兵されていたんでしょうねえ。

 玉音放送は家族そろって自宅で聞きました。でも言葉が難しくてよく理解できなかったですよ。戦後になってから浅草の方まで墜落機を見に行ったんですよ。B29って細長くてものすごく大きいんだよ。本当にすごい。

◆家業のこと

 私は長男だったから、父の手伝いで農業をやらされていました。弟たちは鳩を飼って伝書鳩のコンクールに出場したり、楽しそうに遊んでいましたよ(笑)。でも私はずっと手伝い(笑)。出荷はリヤカーを引いて五反田の市場まで売りに行きました。目黒川を越えて、片道2時間くらい。子母口や武蔵小杉、千年にも行っていました。私は、子どものころから働くばっかりで、遊んだっていう記憶がないです。

◆農業から造園業へ

 昭和30年頃から東急が土地を買い占めて団地ができ始めました。その時に蟹ヶ谷の方にあった畑を売りました。農業には見切りをつけて、植木の仕事をするようになりました。弟たちは皆サラリーマンになりました。私は植物の世話をするのが好きでしたからね。植木屋というよりは造園が主です。庭師ですね。昭和49年には造園1級の資格も取りました。
 

高津区版のコラム最新6

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第9話 その2 斉藤 マキ子さん

2月21日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第9話 その1 斉藤 マキ子さん

2月14日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第9話 その1 斉藤 マキ子さん

2月7日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第8話 その4 大竹 寿一(ひさいち)さん

2月7日号

区長かわら版

区長かわら版

このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

1月31日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第8話 その3 大竹 寿一(ひさいち)さん

1月31日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第8話 その2 大竹 寿一(ひさいち)さん

1月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第9話 その2 斉藤 マキ子さん

    2月21日号

  • まちのこぼれ話

    郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

    まちのこぼれ話

    第9話 その1 斉藤 マキ子さん

    2月14日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク