高津区版 掲載号:2020年7月10日号 エリアトップへ

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる まちのこぼれ話 第12話 その4 長岡 榮子さん

掲載号:2020年7月10日号

  • LINE
  • hatena

◆戦中、戦後の記憶

 戦前はこの辺りでは桃を作っていたんですが、戦争が始まってからは穀物を作らなくちゃいけないってことで、みんな切られちゃいました。梨は復活したけれど桃は復活しなかったですね。

 防空壕は最初母屋の土間のところに掘ったんですが、水が出てくるので、庭のほうに6帖ほどの広さのを掘りなおしました。北見方は正福寺のところまで全部焼けたんです。何もなくなって宮内まで眺められたそうですよ。

 父は出兵しなかったですね。叔父は戦争末期のころに兵に出たそうです。でも国内にいたまま終戦になったそうです。叔母さんが一度だけ会いに行けた時に、小豆を煮てぼた餅を作って持っていったんですって。叔父さんは噛まずに飲み込む勢いで召し上がって、とっても喜んでいたそうです。家には砂糖なんてなかったのに。どうやって工面したのかしらね。

 終戦は小学校5年の夏でした。そんなにショックは感じませんでした。戦争しているときから勝つなんて思えなかったですものね。ただただ早く終わってほしかったです。仲良しの友人の家が戦争で焼けちゃって、洗足学園の真向かいに仮屋で暮らしていて、その仮屋によく遊びに行きました。そのご近所に、とっても有名な彫刻家がおられました。現在区役所の正面玄関にその方が創ったブロンズ像が設置されているそうですね。
 

高津区版のコラム最新6

GO!GO!!フロンターレ

GO!GO!!フロンターレ

いきいきスマホサロン

(2)アイコンに慣れよう

いきいきスマホサロン

10月8日号

違っているから、おもしろい!

不定期連載コラム

違っているから、おもしろい!

 第2回 「言葉の違い」は驚きもイッパイ!

10月8日号

GO!GO!!フロンターレ

区長かわら版

区長かわら版

このコーナーでは区長が公務の中で感じたことなどを自由に綴ってもらいます。

10月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook