高津区版 掲載号:2020年8月28日号 エリアトップへ

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる まちのこぼれ話 第13話 その6 斉藤 二郎さん

掲載号:2020年8月28日号

  • LINE
  • hatena

◆町の様子について

 二子の地には、職人さんが多く住んでいたようです。大工さんだとか、大工さんの下職、左官屋さんとか。私の隣にも船大工さんが住んでいて、渡しの船だとか多摩川の船を造っていました。あと下駄を作っていたところもある。大手の工務店が台頭するころになると、地元の大工さんには仕事が回らなくなるし、大工が暇になれば下職もまた暇になっちゃう。職人相手に商売していたお店も物が売れなくなっちゃったんでしょうね。

◆土地への思い

 果樹園をやめ、農業もやめ、今はその土地にマンションを建て、管理会社を設立し、自分で管理する。戦前、土地を持っていた地主は、戦後の農地解放のときに悔しい思いをしているわけです。だからせめて残っている土地くらいは絶対に売りたくない。そういう気持ちが強いのでしょう。

 以前、諏訪の小黒さんという二子新地から他人の土地を通らないで自宅まで帰れるくらい土地を持っていた大地主に「農地解放がなかったら、今頃働かないで悠々自適に暮らせたのにね」って話をしたら、「斉藤さん、それは違う。自分のやりたいことやって、食いたいもの食っていたら寿命も短かった。こんなに長生きできたのも、農地開放されて、逆に命をもらえたのだよって、そういうふうに私は思っているんだ」って。確かにそういうことがあるかもしれないと思っています。
 

高津区版のコラム最新6

GO!GO!!フロンターレ

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第15話 その3 境野 勝之さん

10月23日号

お金のはなし

税理士・FPの高橋さんが解説

お金のはなし

その2「iDeCo(イデコ)について」

10月23日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第15話 その2 境野 勝之さん

10月16日号

まちのこぼれ話

郷土史には記録されない、たかつの記憶をたどる

まちのこぼれ話

第15話 その1 境野 勝之さん

10月9日号

「モーニング&アフタヌーンコンサート」開催のお知らせ

川崎市薬剤師会

お薬手帳の上手に使うためのコツあります!

http://www.kawayaku.or.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク