高津区版 掲載号:2021年4月30日号 エリアトップへ

高津消防団の第13代団長に就任した 武笠 和師(むかさ かずのり)さん 二子在住 69歳

掲載号:2021年4月30日号

  • LINE
  • hatena

自分の轍、残したい

 ○…今年で設立74年を迎える歴史ある高津消防団の第13代の団長に就任。前年までは副団長として団長を支えてきた。「歴代の団長がつくってきた轍(わだち)を歩みながら、自分なりの轍を残したい」。コロナ禍で訓練や大会が行えない日々が続くが、「何とか対策を考えたい」。団員らの士気が高まるよう舵をとる。

 ○…新潟県出身。就職を機に川崎に足を踏み入れた。結婚後、妻・裕子(ひろこ)さんの両親が営んでいた二子の酒屋「松島屋」を共に切り盛りした。そんな中、二子大通り昭和会の先輩から消防団に誘われ、入団を決意。「地域の役に立てればと思って。よそから来てるから、なおさら何か手伝いがしたかった」と振り返る。仕事と消防団、商店会の活動と多忙を極めたが、どれも手を抜かず、全力で臨んだ。

 ○…入団当初は火災も多く、一晩に2回出動することもあった。時には、署員よりも早く現場に到着し、消火活動することも。「夜中にいつサイレンが鳴るかと思うと、緊張で熟睡できなかった」と苦笑する。今は火災も減り、消防の設備も整備されているこから、現場で消火活動を行うことは少なくなった。しかし、「いざ」というときには消防団の力が求められる。「心と体を鍛えて、緊急時に役立つ消防団を目指したい」と気を引き締める。

 ○…高校から陸上を続けており、実業団としてさまざまな大会で活躍した。今でも多摩川周辺を10Kmランニングするのが日課だ。二子第3町内会では防災部長として手腕を発揮する。「東日本大震災以降、町内会の防災意識は高まっている。消防機材の使い方の指導など、地元の消防団をもっと活用してもらえれば」。地域防災の重要性を知っているからこそ、思いは強い。
 

高津区版の人物風土記最新6

明石 洋子さん

川崎市自閉症協会の代表理事を16年間務める 息子の笑顔のため、走る

明石 洋子さん

幸区在住 75歳

10月22日号

今成 研汰さん

全国高等学校定時制通信制体育大会の自転車競技大会で優勝した

今成 研汰さん

橘中学校出身 19歳

10月15日号

菊地 恒雄さん

『川崎の町名』改訂作業を担う日本地名研究所の事務局長を務める

菊地 恒雄さん

中原区在住 77歳

10月8日号

庄司 佳子さん

川崎市地球温暖化防止活動推進センターのセンター長に7月に就任した

庄司 佳子さん

幸区在住 69歳

10月1日号

高村 優奈さん

「2021ミス・ジャパン日本大会」に 出場する

高村 優奈さん

高津区在住 21歳

9月17日号

大山 隆久さん

北海道美唄市のアンテナショップを自社敷地内に新たに設けた

大山 隆久さん

久地勤務 52歳

9月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook