神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
高津区版 公開:2022年3月25日 エリアトップへ

数値でみる川崎と高津 No.84 シリーズ 「戦後初!」自然減に転じた川崎市の人口 みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

公開:2022年3月25日

  • X
  • LINE
  • hatena

 今月、川崎市は2021年の人口動態を公表しました。それによると、人口が自然減に転じるとともに、市外との転出入による社会増減を加えても、わずか692人の増に留まりました。近年は毎年1万人程度の社会増が続いていたことを考えると、コロナ禍の影響があるとはいえ、本市もいよいよ人口減の時代に入りつつあるといえます。

 下記のグラフは、人口自然増減と出生率の推移を表したものです。本市では、若い勤労世帯の転入が多かったこともあり、出生数は長らく1万4〜5千人前後でした。しかし、2015年をピークに急減しはじめています。

 逆に、死亡数は高齢化の進行に伴って右肩上がりの増加傾向が続いており、昨年はついに出生数を上回りました。本市において自然増減がマイナスとなったのは戦後初であり、この傾向は今後さらにスピードアップしていくものと思われます。

 社会保障制度をはじめ、持続可能な地域運営を行うためには、あまりに急速に進み続けている少子化傾向に歯止めをかけることが不可欠です。本市は子育て支援策に力を入れてきたものの、まだまだ足りていないと言わざるを得ません。

 あわせて、若年層の雇用確保や所得増についても、少子化対策の観点から抜本的な強化が必要です。OECDの調査によると、我が国勤労者の平均賃金は、この30年間横ばい状態であり、2015年には韓国にも抜かれました。川崎市としてできることは限られていますが、市民に一番近い行政として、あらゆる手立てを講じなければならないと、私は思います。

川崎市議会議員 ほりぞえ 健

http://www.horizoe.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

急減?行政が引き取る犬猫たち

数値でみる川崎と高津 No.111 シリーズ

急減?行政が引き取る犬猫たち

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

6月7日

「ふるさと納税」について

県政報告

「ふるさと納税」について

⽇本維新の会 神奈川県議会議員 日浦 和明

5月24日

1年を振り返って(近況報告含む)【2】

市政報告vol.010

1年を振り返って(近況報告含む)【2】

日本維新の会 川崎市議会議員 岩田ひでたか

5月10日

「くにこ」の県庁見聞録

小川くにこ県議にインタビュー 編集・制作/政策科学総合研究所 連載256回

「くにこ」の県庁見聞録

女性支援新法施行

5月10日

人口増にブレーキ?転機を迎える川崎市

数値でみる川崎と高津 No.110 シリーズ

人口増にブレーキ?転機を迎える川崎市

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

5月3日

1年を振り返って(近況報告含む)【1】

市政報告vol.009

1年を振り返って(近況報告含む)【1】

日本維新の会 川崎市議会議員 岩田ひでたか

4月12日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook