高津区版 掲載号:2022年3月25日号 エリアトップへ

数値でみる川崎と高津 No.84 シリーズ 「戦後初!」自然減に転じた川崎市の人口 みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

掲載号:2022年3月25日号

  • LINE
  • hatena

 今月、川崎市は2021年の人口動態を公表しました。それによると、人口が自然減に転じるとともに、市外との転出入による社会増減を加えても、わずか692人の増に留まりました。近年は毎年1万人程度の社会増が続いていたことを考えると、コロナ禍の影響があるとはいえ、本市もいよいよ人口減の時代に入りつつあるといえます。

 下記のグラフは、人口自然増減と出生率の推移を表したものです。本市では、若い勤労世帯の転入が多かったこともあり、出生数は長らく1万4〜5千人前後でした。しかし、2015年をピークに急減しはじめています。

 逆に、死亡数は高齢化の進行に伴って右肩上がりの増加傾向が続いており、昨年はついに出生数を上回りました。本市において自然増減がマイナスとなったのは戦後初であり、この傾向は今後さらにスピードアップしていくものと思われます。

 社会保障制度をはじめ、持続可能な地域運営を行うためには、あまりに急速に進み続けている少子化傾向に歯止めをかけることが不可欠です。本市は子育て支援策に力を入れてきたものの、まだまだ足りていないと言わざるを得ません。

 あわせて、若年層の雇用確保や所得増についても、少子化対策の観点から抜本的な強化が必要です。OECDの調査によると、我が国勤労者の平均賃金は、この30年間横ばい状態であり、2015年には韓国にも抜かれました。川崎市としてできることは限られていますが、市民に一番近い行政として、あらゆる手立てを講じなければならないと、私は思います。

川崎市議会議員 ほりぞえ 健

http://www.horizoe.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

「脱炭素先行地域」川崎市の展望について

志高く真摯に市政へ 市政リポート 69

「脱炭素先行地域」川崎市の展望について

川崎市議会議員 さいとう伸志

6月24日号

経済と外交に強い「あさお」が守る

意見広告

経済と外交に強い「あさお」が守る

岸田首相「ブレない信念の政治家」

6月17日号

未来を拓く、確かな力。

意見広告

未来を拓く、確かな力。

公明党外交部会長・青年局長 三浦のぶひろ

6月17日号

8人に1人が感染?

数値でみる川崎と高津 No.87 シリーズ

8人に1人が感染?

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

6月3日号

「くにこ」の県庁見聞録

小川くにこ県議にインタビュー 編集・制作/政策科学総合研究所 連載237回

「くにこ」の県庁見聞録

県議会定数

6月3日号

環境委員会へ所属・行政視察を実施

志高く真摯に市政へ 市政リポート 68

環境委員会へ所属・行政視察を実施

川崎市議会議員 さいとう伸志

5月27日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook