高津区版 掲載号:2022年6月24日号 エリアトップへ

衆院区割り案 高津は中原と「新18区」に 宮前は市またぎ新設区へ

政治

掲載号:2022年6月24日号

  • LINE
  • hatena

 衆院選挙区画定審議会(区割り審)が小選挙区定数「10増10減」を反映した新たな区割り案を6月16日、岸田文雄首相に勧告した。神奈川県内では定数「2増」となり、「19区」と「20区」が新たに設けられる。また、川崎市内では分割されていた宮前区と中原区でこの状態を解消。高津区と中原区が新たな「18区」として再編される。

「1票の格差」是正へ

 これは、議員1人あたりの有権者の最も多い選挙区と、最も少ない選挙区の格差を2倍未満に抑える「1票の格差」是正に向けた措置。

 川崎市内の区割り案では、10区と18区に分割されていた中原区が統合され、高津区と「新18区」にまとめられる。また、9区と18区に分割されていた宮前区は横浜市都筑区とで新設される「19区」になる。「新9区」は多摩区、麻生区、「新10区」は川崎区、幸区にそれぞれ再編される。

福田市長は遺憾の意

 政府は今年秋に行われる臨時国会に勧告を反映した公選法改正案を提出する方針。成立すれば1カ月程度の周知期間を経て適用となる。

 今回打ち出された新たな区割り案を受け、高津区選出の山際大志郎衆議院議員は「現時点では決定事項ではない以上、コメントしようがない」と話す。また元職の三村和也氏は、今後について具体的なエリアなどについては明言せず「これまで通りの活動を継続していきたい」とコメントしている。

 さらに福田紀彦市長は宮前区が市をまたぎ、横浜市都筑区と再編される今回の勧告について「現在の市域の中で区割りを行うことが最も混乱が少なく適切。改定案は市の一体性を欠くもので本市としては大変遺憾」としている。

高津区版のトップニュース最新6

アユ8千匹 を追加放流

川崎河川漁業組合

アユ8千匹 を追加放流 文化

多摩川活性化をより促進

7月1日号

町工場の技術 発信し10年

地元工業会ら

町工場の技術 発信し10年 社会

9日 ものづくりフェア

7月1日号

高津は中原と「新18区」に

衆院区割り案

高津は中原と「新18区」に 政治

宮前は市またぎ新設区へ

6月24日号

「吃音者(きつおんしゃ)」の一歩を支援

「注文に時間がかかるカフェ」

「吃音者(きつおんしゃ)」の一歩を支援 社会

梶ヶ谷に1日限定で開店

6月24日号

県空手大会制し全国へ

久末在住金子るるなさん

県空手大会制し全国へ スポーツ

妹と共に、大舞台に臨む

6月17日号

体操で地域を元気に

坂戸御嶽神社

体操で地域を元気に コミュニティ社会

町会と主催、交流の場へ

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook