神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
高津区版 公開:2024年4月26日 エリアトップへ

川崎市制100周年記念で演奏する合唱団に携わる、川崎市合唱連盟の事務局長 中山 寛隆さん 高津区在住 36歳

公開:2024年4月26日

  • X
  • LINE
  • hatena

歌声の魅力、人生に重ね

 ○…市制100周年を祝う合唱団が発足し、公募含め400人規模に。全体構成や選曲など事業の企画に携わり、7月1日の壮大なプロジェクトに向け奔走する。「本気で臨みたい人から舞台を楽しみたい未経験者まで、熱量を共有し、同じベクトルで進めたい」と初練習を心待ちにする。

 ○…テニスに打ち込んでいた高1の頃、音楽教師から合唱部への入部を勧誘された。「4歳から習っていたピアノの伴奏担当かと思ったら、歌声を評価されて。驚いたけどうれしかった」。初の定期演奏会で歌った「御伽草子」が人生を変えた。「人の声だけでこんなに表現できる幅があるなんて」と感銘を受け、その物語や情景の移り変わりも感じられた。大学選びでは合唱サークルの実績を重視。そこで出会った後輩が縁で、連盟の理事に就任。運営を支える各合唱祭では舞台に立つ子や高齢者の歌声を聴きながら、「その人の人生に思いを馳せ、生きる素晴らしさを感じられる」のも合唱の魅力だ。

 ○…夢はアイスランドへの旅。大学の頃に留学していた英国ロンドンから渡航する予定だったが、体調を崩し断念。「専攻科目だった言語史を学べるし、人口30万人の島国で温泉もあり日本との共通点も多い」。好奇心は今もやまず、書物を読んでは思いを募らせる日々。家族ができた今、「独りでは行かせないよ、と妻から釘を刺されています」と苦笑い。

 ○…114団体が加盟する規模の合唱連盟は全国でも稀。「合唱部が活発な高校や音大があり、OBやOGの活動も盛んなことが理由の一つ」。連盟理事18人も20〜70代で男女比もほぼ半々と多彩。「合唱は高齢者の趣味と思われがち。社会人になっても、子育てしながらでも、続けられる仕組みを作っていきたい」

高津区版の人物風土記最新6

今 哲昭さん

食物アレルギー発症予防のため、簡単に少量摂取できる離乳食の製品化・普及に取り組む

今 哲昭さん

坂戸在勤 70歳

6月14日

森 勝利さん

川崎野球協会の会長を務める

森 勝利さん

幸区在住 80歳

6月7日

戸張 美音さん

国内最高峰の競技大会「日本女子アマチュアゴルフ選手権」に臨む

戸張 美音さん

北見方在住 14歳

5月31日

脇本 靖子さん

溝口にある川崎市男女共同参画センター「すくらむ21」の館長に就任した

脇本 靖子さん

多摩区在住 44歳

5月24日

山田 洋志さん

データ分析で教育情報を透明化するITベンチャー「ガッコム」社長

山田 洋志さん

高津区在住 43歳

5月17日

高橋 宏和さん

川崎郷土・市民劇『百年への贈り物ー川崎市誕生ものがたりー』で主役を演じる

高橋 宏和さん

川崎市在住 52歳

5月10日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook